2019年02月08日

【映画】放浪の画家ピロスマニ

放浪の画家ピロスマニ

https://eiga.com/movie/48484/

人物の無表情さ、行動の無機質さ、平面的な構図。記号的に容赦なく進む物語。
大きく心動かされることはなかった。ただただ淡々とした映像を淡々と見るだけ。
物語の進行も雑。とにかく出来事だけを大雑把につなぎ合わせただけに思える。
おおよそ写実的でない構図や鮮やかな色彩は、まったくもって現実感に欠ける。
ただ、いちいち美しい。だがそれも、時折出てくる、おそらく本物であろう絵に完全に負ける。
ピロスマニという画家の半生を、意図的に絵画的な映像で綴った、記録のような映画に感じた。

ただ不思議と、見続けることはできる。むしろ、心地よい。
二度目三度目の、物語の理解に余計な思考を巡らせなくてよい時の方が、安心して作品の世界に浸ることができた。
英雄染みたエピソードがない。葛藤も絶望も押しつけがましくない。
場面と場面の間の説明が少なくどんどん進む、小気味良い。
余計なもの一切を排除し、潔く好感が持てる。

そして時折、実物の絵が映し出される、その数秒間のクライマックス。
その数秒間で、自分の頭では処理しきれない、あふれんばかりの整理されていない情報が流れ込んでくる。
そしてそれを利用すること、頼ることを、それを見せることを、ちゃんと目的としているように感じた。
一回目の鑑賞ではこれを肯定的にとらえることはできなかったけれど、繰り返すうちにどんどん好きになった。
偶然じゃないのか、とも思った。突然本物を出して、ひいき目に見ても、そこに異物感がある。
ただ、全体を執拗に平らに描ききったがために、絵が異物感そのままに映画に適切に納まった。
そのために作られた映画なのではないか、とすら思いはじめた。

この作品から衝撃を受けることはなかった。
それどころか、緊張、興奮する瞬間もなければ、なぜかと反芻してしまうような人の行動や在り方もない。

ただ、孤独というものは、描き方によっては、こうも美しく、心地よくなるものなのかと、思った。
この映画には、やわらかでたよりない救いがある。
それは、視覚的な美しさからくるもので、それが圧倒的であるところに、この映画の凄みがある。
何度か観て、そう思った。
【関連する記事】
posted by みなみで at 07:36| 大阪 ☀| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月15日

【映画】ロブスター

映画を見た。「ロブスター」ヨルゴス・ランティモス監督
http://www.finefilms.co.jp/lobster/

ぶっちぎりの独特の世界。唯一無二の味わいだけでも、見応えはある。
ただ、あまりに息苦しく、二度三度は観たくない。

終始閉塞感に支配される。映像と音楽の美しさが辛うじて目と耳を楽しませてくれる。ホラー映画のようなグロテスクな表現を楽しめるのなら、そこも一つの見どころなのかもしれない。どこか小馬鹿にしたような奇妙な設定を理解できた瞬間に爽快感もある。設定を活かした皮肉たっぷりの笑いは箸休めになり、苦しい時間が続く映画の鑑賞を助けてくれる。ただそれらはすべて、この映画を支配する閉塞感の中でこそ際立つ息抜きであって、総じて言えば、楽しさの欠片もない映画だ。真面目で上質だが世界観は悪ふざけとしか思えない位無茶苦茶で、よくもまぁこんなものに人と資材とお金を突っ込むことができたもんだと、感心するほど。

独身者を犯罪者として隔離してパートナー探しを促し失敗すると動物になるというルール、野良独身たちの集団生活、独身者狩り、洗脳や裏切りなど、描かれるエピソードのひとつひとつが、いちいち社会の画一化や差別、他者の排除、戦争、恋愛、孤独などなど、世の様々な事柄に対する問題提起ととれる。暗喩というにはとても直接的。整理された説明もときおり入るが、点でしか入ってこない情報も多く、何を表しているのかを探る頭の体操のような鑑賞。知的好奇心を満たしてはくれる。ただそれは、頭の中で処理されるのみで、どうも興奮しない。禅問答のようなやりとりが映画と自分の間で繰り広げられる。では、二度三度見たくないと思わせる息苦しさはなんなのか。

人は、何かに属さなければ生きていけない、そして属する以上は半ば盲目的にその組織のルールに縛られる。ルールは頑丈で、きっと、その組織を守る歴史の中で積み上げられた必要で、変えることはできない。飛び出したところで、その先もまた、形は違えど似た世界が待っている。あるいは完全な孤独。そういったがんじがらめの絶望が、観るに堪えなかった。いやそれはそれだけ、映画としては、良かったということなのかもしれない。無茶苦茶な設定ではあるが、反論の余地がないように思えた。まさに今自分が、そしてきっと多くの人が置かれている現実。映画の中に突破するヒントはないように思えた。世界は緩く傾き続けるのを茫然と眺める。抗いようがない。そして傾き続けると思ってはいるが、それは悠久の人類の歴史の中で傾き続けていいて、命あるかぎり倒れることはない。ならば、どう抗うか、その速度をどうゆっくりにするか、ではなく、その中でどう生きるかを考えた方が良い。とても不本意だが、そうしかないのだよと、示されている気分になる。嘘でもいい、わずかでも希望が見たいと思った。

最後の目をつぶす場面は、作戦が透けて見えてしまって、少し残念な気分にはなったが、一方、このつかみどころのない映画が、どこか、普通の手法に着地したようで、ほっとした。そして、盲目の二人のこれからを想像すると、まさに文字通り盲目的に幸せになるのかもしれないと思えた。それは個人としては希望かもしれないが俯瞰ではまったくそうではない。どこか自分に重なり、重たい。だから、もう、観たくないのだ。
posted by みなみで at 16:16| 大阪 ☀| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月12日

新人戯曲賞をいただきました

ご報告。

劇作家協会新人戯曲賞をいただきました。
ひとえに、支え力を貸してくださったすべての皆様のお陰です。
ほんとうにありがとうございます。

素敵な候補作品群で、どの作品が受賞してもおかしくない議論の中、2時間半呼吸が止まりましたが、生きてました!二十代半ばの若く才能溢れる作家の作品が輝いて見えました。ほんとうはこういうのを書きたいと思っていることをやってのけている作家の作品がうらやましく見えました。力を振り絞る感じの寝技みたいな自分はどうも不格好です。でもそれが自分です。うれしいですが、うれしいですが、手放しで喜ぶというより、苦し紛れでつかんだみたいで、有無を言わさぬ圧倒的な作品を書かないといけないという反省と一緒に、きっとじんわりと嬉しさがこみあげてくるんだと思います。

初めて筆をとってから12年。最終選考におちまくること7回。ちょっとゆったりめのペースかもしれませんが、誠実に貪欲に戯曲に向かい合いたいと思います。
うんでもやっぱ、一等賞はうれしいです。

これからです。
この賞と、諸先輩方の選考に恥じない劇作家にならねばならぬと、身の引き締まる思い。大きく息を吸って、もっと自由に少し自信をもって、書き続けます。
あちこちお礼やごあいさつで、候補者の方々とお話しする時間がほとんど取れなかったのが残念。また出会いたい皆さんでした。

授賞式_会長.jpgないしょ_8497.jpgないしょ_4312.jpgないしょ_1317.jpgないしょ_1403.jpg
posted by みなみで at 20:26| 大阪 ☁| Comment(0) | らまのだ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月26日

明後日まで内緒にしておく、作品によせて

二十代前半のころ、学習塾を経営していた。経営とは完全に大げさで田舎町で寺子屋みたいな塾の自営業していた。トラウマになるくらいしんどい時期があった。熾烈な生徒捕獲競争の中、世間知らずの若造は、遠慮のない大人の大手の洗礼を徹底的に受けた。
芝居をしようと学習塾を畳み大阪にでたとき、大手の予備校で講師のアルバイトをした。アルバイトなりに、あの、敵だった容赦のない大人の大手側に立った。
今思えば稚拙なところもあるけど、自営業の学習塾に比べるとはるかにシステマティックで随所が徹底していて先生方も誇りを持っていた。業界において無敵に思えた。
その予備校は今はもうない。子供が減った。そして、もっと大手にやられてしまったのだ。

生徒たちの目標や夢をサポートすることを商売とすることに、やりがいと矛盾を感じた。
でもそれを必要とする子供がいたし必要とする世の中があった。
もっとそれをかなえる雰囲気を持った集団によって淘汰された。
この現象において、誰もがそれぞれに持つ立派で尊い良心と責任に基づいて行動していて、誰も悪くないように思えた。先生がたも生徒たちもほどよく精一杯だった。強く弱く。潔癖でずる賢い。自分がまだ若かったこともあって、なおそう感じた。

演劇で掬い取りたい素材。衝動にかられやってみた。
今回は半ば演出との共同作業で作品を作ってみたのは、強すぎる思い入れを緩和させる必要があったからなのかもしれないと思う。
あの日見たあの空間の本質はこの作品の中に確実に息づいています。

明後日まで内緒にしておく、のタイトルみたいに、
あの日悔しくて恥ずかしくて言えなかったことを、綴ります。
posted by みなみで at 18:51| 大阪 ☁| Comment(0) | らまのだ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月24日

小窓から

雑居ビルのトイレの小窓から覗くビルの裏側が好き。裏側同士。飾ってない側、見せない側、ほんとうのこと側。
おしっこ後。ここを動かないと水が流れない。
DSC_0019.JPG
posted by みなみで at 16:36| 大阪 ☁| Comment(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月11日

兄弟のはなし


兄弟ってのは、なんとも気色の悪い関係だ。
一般論ではなく、うちの場合だけかもしれないけど。僕には弟が居るけど(そういえばfacebookでつながっとるな)、何年も連絡を取らない。弟の携帯も、携帯が当たり前になってから十数年経ってようやく知ったくらい。それも、待ち合わせで必要に迫られて両親をハブにして互いの連絡先を知った。少し覚束ない感じで「空港到着」ってメールを送った記憶が何故か鮮烈に残る。

その癖、いざ会うと熟年夫婦のようなリラックスした感じで、話をして酒を飲み、寝る。

元家族なのだ。もう家族ではない。互いに所帯を持っている。それぞれのペースがある。ライバルであり同志であり、半分他人でもありそうでなかったりもする。馬鹿にもしあうし尊敬もしている。誇りに思うこともある。普段の生活の中では、お互いを全く必要としない。今思えば、昔からそうだ。

この距離感は、いずれ別々の所帯をもち生きることになるという運命を、小さいころから背負っている故の、動物的本能なんだろうか。僕の本質をくすぐる気色の悪い関係だ。

今度の「まど」という作品は、そんな兄弟について、三十分間徹底的に考察する会話劇です?ん、すこし違うけど根っこはそうなのです。
その間に一人の妙ちくりんな女が割り入ってきます。こいつがまた、自分でかいといてなんなんですがムカつくけどかわいいんです。
 
まど、は次の二つのイベントでそれぞれ上演します。
ご都合つけば、お越しください!

 ■桃唄309主催 短編劇集 volume 10 秋カフェ 『夜いろいろ』 
30分×2本の短編作品を上演します。 僕の作品は(A)グループで、次の4ステやります。
9月28日(水) (A)20:00/30日(金) (A)15:30 10月1日(土) (A)19:30/2日(日) (A)13:30 
会場 中野RAFT(中野坂上) 
チケット (こちらからご予約いただけると有難いです)
詳細

■神奈川劇王 
演劇甲子園みたいなやつで、神奈川県代表の座をかけて 12団体で観客投票で勝敗を決める企画です。 予選1ステのみです。(勝ったら日曜日決勝戦) 清き組織票を!というのは冗談で公平な一票を投じてください!
10月15日(土)19:00開演 (ワンステージのみ!)
会場 神奈川県立青少年センター(桜木町)
チケット(こちらからご予約いただけると有難いです)
詳細
posted by みなみで at 19:37| 大阪 ☁| Comment(0) | らまのだ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月20日

次の記念碑みたいな

日曜の午後、キッズルームのあるカフェにて。
子供を放牧しながら、とある戯曲を読む。

文学的で詩的で力強い台詞やト書きに溢れていてとにかく色気がある。
素敵だし憧れるし心に刺さるし揺れる。
自分はというと平素で俗っぽいものばっか。
ほんとうはやってみたいくせに。無駄に頑固や。

絶対口に出せないことがたくさんたくさん増えてきた。
出来事、気持ち、意思、主張、とか。
いや絶対とまではいわんな。
でも、口には出さない。
実生活はがんじがらめ。


そんで、エレベーターの束の間とか寝入りとかに、
たまに首を絞めに来るくらい、貯金できてきたから、
言えないから物語って書いてしまえ、みたいな。

どうせ、俯瞰して大人びて整理整頓して書いたりできない。
いや、書けんことないけど、だいたいキレイでおもんない。
だから、これ、いま、書けフラグやと思う。

我慢しないことを、少し覚えたか。
薄くてやたら熱いコーヒーを、もう一杯。
posted by みなみで at 16:23| 大阪 ☔| Comment(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月22日

お知らせと梨。

劇作家協会のホームページに、月いちリーディングの選出者の作者達のページに記事を寄稿させていただきました。締切直前ですがとても良い企画です。ブラッシュアップしたい作品をお持ちの劇作家の方々は、ぜひご応募してはどうでしょう。
http://www.jpwa.org/main/activity/reading-workshop/tokyo/newcomers#minamide

11月公演にむけてFACEBOOKページを作成しています。
公演の情報を徐々に更新していきますので、ぜひ、いいね!をお願いいたします!
https://www.facebook.com/lamanoda

ちょっと頑張った自分へのご褒美?
勇気を振り絞って、買ってしまいました、これ!!!!!!
千疋屋の梨です。さすが千疋屋!世の常識を超越した価格設定!
一個ですよ、一個。一個千円!アホちゃうか!
でも、千円で千円では味わえない、セレブで贅沢な気分を味わえる、はず。
まだ、食べてません。びびって食べられません。
勿体無いことにならないよう、皮をギリギリに薄く剥かなければならぬ。
しかし、味を損ねるほどギリギリではいかん。
どきどきです。
nashi.JPG
posted by みなみで at 20:19| 大阪 ☔| Comment(0) | らまのだ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月10日

喫茶にて、片想い。

高円寺の、行きつけの喫茶店の女の子が可愛くて困ってます。
愛想がいい。手際が良い。珈琲がうまい。ほんとうまい。

自分があと15年若かったらきっと、お友だちになろうと、
あの手この手を尽くしてるやろうなあ。
うまくいかずに、もんもんもんもんとしてるんやろうなあ。
いや10年、いや5年、いややっぱ10年までかな。

もうさすがにそんなん無理やし、
せやから、もんもんもんもんせんですむわー。
あー、ちゃんとした大人になったなあ。

とにかく珈琲がうまい。
うまいなあ。

可愛いから、旨いんじゃない。
旨いから、可愛いんだっ。
IMAG0131.jpg
※写真の店舗とブログの店舗は別です!
posted by みなみで at 23:43| 大阪 ☁| Comment(0) | すみません、カテゴリは無茶苦茶です | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月07日

しんみりと、出張

雨の新幹線です。いや、でした。
静岡あたりは雨足が強く、
窓の水滴が高速で流れてく。

子供のころ、親父の運転する車で、高速道路。
窓にこんな、水滴が高速で流れていくのを、
固唾をのんで凝視していたことを思い出した。

知った顔で、経験で、低温でしゃべらず、
あんな、好奇心の塊でおらなアカンなぁ。

昔の可愛くて無邪気だったであろう幼い自分に、
時空を超えて教えられた気がした。
ちょっとだけ、会話した。

rain.jpg
※新幹線は隣に人がいて不審がられるので、写真はネットで拾ったフリーのやつです。
posted by みなみで at 00:41| 大阪 ☁| Comment(0) | ・書き物(短文、詩) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする