2010年09月04日

阪急沿線界隈

りゃんめんにゅーろん公演「かすかに、UFO」無事幕を閉じました。皆様ありがとうございました。


小さな公演でも、やっぱりエネルギーを使い果たし、多少腑抜けのこの頃です。


体力に気力、時間に金、仕事に遊び、あらゆるものを犠牲にして消費して、やるのです。やるからにはその覚悟は必要。あとは程度の問題。


芝居をする目的や動機が、それぞれ、同じなわけがなく、それなのに集まるもんだから、それ故の悩みも摩擦も驚きも感激も感謝もたくさんあります。


そしてやはり、芝居のお陰で、学べることもあるし、尊いものを見つけることもできます。 

ちゃんと燃え尽きました。反省も山ほどあって、燃え尽きた後に、気持のよい細かな灰ばかりが残ったわけではない。でも、いや〜な燃えかすも、なくはなく、それも含め、大切にしていこうと思います。それが、全ての関わった人々や自分自身に対する、正しい立ち向かいかたかと。


今日は所要で阪急千里山へ。

今回は阪急の庄内での稽古が多く、阪急沿線界隈に、妙な郷土愛に似た感覚を覚えるようになりました。
当たり前の様に駅前には店が立ち並び、少し離れると住宅地。静かで落ち着いた人々の生活が、息づいています。

こんなほっとした瞬間が好きなのです。

1568302856_140.jpg1568302856_100.jpg
posted by みなみで at 23:32| 大阪 ☀| Comment(0) | 公演:かすかに、UFO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。