2011年04月11日

稽古の風景@



稽古日誌を書こうと思って、気がつけば本番二週間前をきっていました。
・・・いかん。

と、いうわけで。

朝10:30〜夜11時まで稽古・・・
さすがにくたびれました。
気持ちはまだまだ稽古をしたいけど、体が、電車が・・・。

写真のダルそうにしてる髭迷彩男が、りゃんめんにゅーろん劇団員の山本祐也。
やる気が無いわけじゃないです。休憩中なんです。
せめて写真の時くらい、愛想をふりまいてくれたらいいのに。

そして、熱心に台本を読んでいる方が、関西芸術座の裄Vさんです。
常に、稽古前にはこうして台本を読み、復習やシミュレーションをしているのです。

稽古はいよいよ佳境に。
舞台実寸にて、小道具も仮から徐々にそろいはじめました。

いい作品になりそうです。そうします。
いつもご覧くださっている方も、気になってたって方も、
是非、お気軽に、お越しくださいませ。

ご予約はこちら (日曜日が比較的空いております!)
http://stage.corich.jp/stage_detail.php?stage_id=26377 


yamamoto.JPGyanagisawa.JPG
---概要---

「窓からさくらのことだけを」 

◇脚本・演出 
 南出謙吾 
◇出演者 
 南出謙吾 
 山本祐也 
 三品佳代(MAKEUPGELL) 
 裄V美由紀(関西芸術座) 
 黒崎達也(TEAMLuna) 
◇日時 
 4/23(土)16時〜/20時〜 
 4/24(日)12時〜/15時〜 
◇料金 
 2000円(ワンドリンク付) 
◇スタッフ 
 音響・照明 松本高誌 Molly 
◇会場 
  雲洲堂(北浜より徒歩5分) 
◇ご注意事項 
 ●予約優先です。 
 自由席ですがお席を確保しております。 
 ご予約の場合は開演10分前までにお越しください。 
 10分前をすぎると、予約解除となり、予約無しの方と一緒にご入場いただきます。 
 ●ご予約無しの方は当日整理券をお渡しします。 
 開演10分前までお待ちいただき、その後整理件順にご入場いただきます。 

 ※ワンドリンク付ですので、すこしゆとりを持って起こしください。 

◇あらすじ 
 同人サークルの作業部屋。避難場所のような場所。 
 世間から逃れ書き続ける作家たちは、それでも書くことで世間と繋がろうともがく。 
 締め切りに追われ、男はひみつの思い出に手をつけた。 
 美しく大切な思い出だったのに。 


劇団紹介 
http://stage.corich.jp/troupe_detail.php?troupe_id=4486 
posted by みなみで at 03:44| 大阪 | Comment(0) | 公演:窓からさくらのことだけを | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。