2011年04月21日

稽古の風景C

最後の稽古が終わった。 

どこまでやっても、やり残しは、正直、ある。 

ただ、 
見事に一人一人、作品の着地点に妥協せず、 
貪欲に自ら考え取り組んでくれた。 
だから、 
よい作品になると、信じることができる。 

あとは、 
お客さまに、ご覧いただくだけ。 

今日は写真を撮れました。 
稽古終わった後、 
裄Vさんが差し入れてくださった、チーズケーキと、 
山本君が差し入れてくれた、大トロマグロ寿司を、 
和気藹々と食べる&写メるの絵です。 

しっかし、なんちゅう、組み合わせ・・・ 
そんな、予想できないコラボレーションが生まれる、 
今回の座組みでございます。 

DSC_0052 (2).JPG
ご予約はこちら ※土曜夜は予約完売。日曜日がお勧めです! 
http://stage.corich.jp/stage_detail.php?stage_id=26377 


「窓からさくらのことだけを」 

◇脚本・演出 
 南出謙吾 
◇出演者 
 南出謙吾 
 山本祐也 
 三品佳代(MAKEUPGELL) 
 裄V美由紀(関西芸術座) 
 黒崎達也(TEAMLuna) 
◇日時 
 4/23(土)16時〜/20時〜 
 4/24(日)12時〜/15時〜 
◇料金 
 2000円(ワンドリンク付) 
◇スタッフ 
 音響・照明 松本高誌 Molly 
◇会場 
  雲洲堂(北浜より徒歩5分) 
◇ご注意事項 
 ●予約優先です。 
 自由席ですがお席を確保しております。 
 ご予約の場合は開演10分前までにお越しください。 
 10分前をすぎると、予約解除となり、予約無しの方と一緒にご入場いただきます。 
 ●ご予約無しの方は当日整理券をお渡しします。 
 開演10分前までお待ちいただき、その後整理件順にご入場いただきます。 

 ※ワンドリンク付ですので、すこしゆとりを持って起こしください。 

◇あらすじ 
 同人サークルの作業部屋。避難場所のような場所。 
 世間から逃れ書き続ける作家たちは、それでも書くことで世間と繋がろうともがく。 
 締め切りに追われ、男はひみつの思い出に手をつけた。 
 美しく大切な思い出だったのに。 

劇団紹介 
http://stage.corich.jp/troupe_detail.php?troupe_id=4486 
posted by みなみで at 03:24| 大阪 ☀| Comment(0) | 公演:窓からさくらのことだけを | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。