2015年01月11日

プロフィール

南出謙吾(Minamide Kengo)

 劇団りゃんめんにゅーろん 座長
 Common days 所属
  担当:劇作>俳優>演出

見ず知らずの東京へ転勤となったので、自己紹介と記録を兼ねて、つらつらと過去に携わった作品を記します。
どうぞよろしくお願いします。(右が私です。芦川さん、勝手に登場させてしまい、すみません!)

なお、記憶を頼りにしていますので、順不同(おおむね時系列)です。
また、NETが普及する前のやつなどは特に、抜けているかもしれません。
映像系は記憶にも記録にもほとんど残っていません。
もし、南出をつかったったのにかいてへんやん!ってのがあれば、教えてください。

commondays.jpg


【経歴】


1999年 大阪に移り住み、“劇団りゃんめんにゅーろん”に役者として所属。

1991年の設立当時の名称は“舞台創造集団りゃんめんにゅーろん”。作家数名(大阪シナリオ学校の卒業生たち)のプロデュース集団だったが、以降 専属俳優を抱え劇団となる。

2002年 玉突き人事的に座長になる。

2004年 初めての長編執筆作品、『こうしているわけ』を上演。

2006年 新たな公演の形態を模索し、Common daysを音響家Shinomyらと共にCommondaysを立ち上げ。

2007年 『青空の窪みに、指を』で大阪春の演劇祭り脚本奨励賞受賞。

      『みそ味の夜空と』で、名古屋市文化芸術振興賞最終候補となる。

2008年 『カラベラの踊る夜に』(作・松本高志/演出・飯尾千津子)で、大阪春の演劇祭り

主演男優賞受賞。

『みそ味の夜空と』で、OMS戯曲賞(大阪ガス主催・関西限定の戯曲賞)の最終候補。

兵庫県の伊丹AIHALL主催、北村想塾長が指導する、伊丹想流私塾の塾生となる。

2010年 伊丹想流私塾マスターコースに参加。3月、『ちゃんとした夕暮れ』を上演し、

同作品で第10回AAF戯曲賞(愛知県文化振興事業団主催)の最終候補。

2011年 伊丹想流私塾卒業生の会である、“クオークの会”に参加。

『ちゃんとした夕暮れ』で、第18回OMS戯曲賞最終候補。

2012年  9月、『終わってないし』を上演。同作品で第12回AAF戯曲賞最終候補。

2013年  東京進出(転勤で!)


【脚本】

    「まど」※短編

  「終わってないし」※AAF戯曲賞最終候補

  「窓からさくらのことだけを 」※地底人さくらのこと 改稿

    「触れただけ」※短編

  「鳥と戦闘機」

    「ちゃんとした夕暮れ 」※AAF戯曲賞・OMS戯曲賞最終候補

  「天望タワー」

  「頑丈な夜」

  「潮風と流木とワカメ」※こうしているわけ 改稿

  「地底人さくらのこと」

  「天気予報を見ない派」※短編 なぎくれて、風 改稿

  「青空の窪みに、ゆびを」 ※大阪春の演劇祭り戯曲奨励賞

  「みそ味の夜空と」※名古屋市文化芸術振興賞・OMS戯曲賞最終候補

  「かすかに、UFO」

  「風のあと」

  「パカッ」※短編

  「空蝉」※短編

  「こうしているわけ」

  「なぎくれて、風」※短編


【ラジオドラマ】

  「ぶうぶう」

  「かき氷マシーン」

  「まぶたの中と外」

  「何もない部屋」

  「青空の窪み」


【出演】

・りゃんめんにゅーろん、Commondays又は、セルフプロデュース

  「ちゃんとした夕暮れ 」

  「カラベラの踊る日に」※大阪春の演劇祭り主演男優賞

  「鳥と戦闘機」

  「天望タワー」

  「頑丈な夜」

  「青空の窪みに、ゆびを」

  「森蔭アパートメント」

  「ビーナスの桎梏」

  「White Box」

  「地底人さくらのこと」

  「みそ味の夜空と」

  「かすかに、UFO」

  「オールドパル」

  「UNDER BRIDGE BLUES」

  「ポプコーンの降る街」

  「ひめごと」

  「月見荘秘話」

  「パペットの屋根」 

  「まばたきの庭」 

  「WANTED!俺たちは大工じゃない」 

  「サラスワティ」

・客演

  「PRATTLER 〜囀りの場所〜」

  「骨」

  「ナッチョナリズム」

  「牛」

  「つづく」

  「紙屋町さくらホテル」

  「泣き虫なまいき石川啄木」

  「髪をかき上げる」

  「LOVE KILLS ME / ブルーデイジーブルー」

  「屋上バックヤード」

  「夕焼けのブルー」

  「りんごの唄」


【映像】

  「科捜研の女 十年〜妻が夫を裏切った日」

  「和歌山マリーナシティCM」

  「いのちの現場から」

  「水曜 女と愛とミステリー グズ茂検事の犯罪捜査」

  「京都夢情ロマンス 西洋骨董通り物語」



posted by みなみで at 15:46| 大阪 ☀| Comment(0) | プロフィール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。