2015年06月28日

長文失礼します。月いちリーディングのお礼と、「らまのだ」誕生について。

お礼

待ちに待った、特別な一日が終わりました。
私の新作「ずぶ濡れのハト」を取り上げていただいた、
劇作家協会の月いちリーディング。

劇作家セミナーに一年間通った、最終課題として提出した作品。
戯曲を書き始めるきっかけをいただいた鈴江俊郎さんの講評を受けた作品。
そして、初めて、故郷の石川県を舞台にして、その方言で描いた作品。

さまざまな、「とくべつ」が詰まった、この作品を、
素晴らしい個性と腕を持つ俳優がリーディングしてくださり、
超満員の参加者の方々が、どうしたらより良くなるかを考えてくださりました。

身の毛もよだつ、ありがたさ。

KAKUTAの桑原さんと、イキウメの前川さんという、豪華なゲスト。
舞台は拝見していましたが、当のご本人とお会いするのは初めてですし、
どんな、ご意見をいただくのだろうと、小躍りしながら待っていましたが、
それぞれがそれぞれの奥義の秘訣を見せてくださりました。
大胆なもの、繊細なもの、論理的なもの、さまざまありましたが、
改稿の場所、方向性、距離が、かなり明確にイメージすることができるようになりました。

これまた、身の毛もよだつ、ありがたさ。

こんな奇跡のキャスティングをしてくださった中津留さん、
本当に短い期間にポイントを絞って整理し戯曲の旨みを引き出し下さった長谷さんをはじめ、
劇作家協会の事務局の皆様、当日受付、スタッフの皆様・・・
こんな場をご用意いただき、ありがとうございます。


この一日のできごとに、ふさわしい戯曲に高めるのが、
一番の恩返しだと思っています。
そして、それを、上演という形で世に発表することが、
一番の恩返しだと思っています。

もはや、自分の戯曲というものではなく、
過程に携わってくださった、みんなの戯曲として、
だからこその、魂と責任を勝手に背負って、
やっていきたいです。

「らまのだ」について

11月に公演を行います。
ようやくついにの、東京での公演です。
「らまのだ」という名前の、団体を立ち上げて、やります。
まずは、第一歩として、劇場の予約を、しました。
少しずつではありますが、これまたとても素敵な方々と、
出会え始めています。

「らまのだ」は、まだ0歳の、赤ん坊ですが、
11月には立派に成人し、公演を打つのです。

twitterやFacebook のページを用意しました。
少し先にはなりますが、徐々に情報を発信していきたいと思います。
どうか、フォローとか、いいねとか、世に知って頂けるよう、
お力添えをいただけたら、有難いです。

らまのだ(公演のお知らせなどをお送りいたします。) 

 twitter @lamanoda

あ、まもなく41歳になる、南出のも、どうぞよろしく。

 twitter  @minamidek

DSC_0725.JPG


月ちちリーディングのクレジットを、
なんだか、とてもうれしいので、ここに、足跡として、しるしておきます。
ありがとうございます。

【開催日時】 2015年6月27日(土) 18:00
【会場】座・高円寺 (JR高円寺駅 北口より徒歩5分)
    地下3階 けいこ場2
【参加費】 無料

【ゲスト】桑原裕子(KAKUTA)、前川知大(イキウメ)
【コーディネイター】中津留章仁
【ファシリテイター】長谷基弘
【出演】板倉哲(青年劇場)、枝元萌(ハイリンド)、小野寺ずる(大丸2︎字ック)、
 佐藤達(桃唄309)、志水衿子(ろりえ)、高橋洋介(TRASHMASTERS)、
 竹田まどか、森尾舞(俳優座)、ゆかわたかし(昭和芸能舎)

長文、失礼しました。
ありがとうございました。



posted by みなみで at 22:46| 大阪 ☀| Comment(0) | 芝居のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。