2016年12月12日

新人戯曲賞をいただきました

ご報告。

劇作家協会新人戯曲賞をいただきました。
ひとえに、支え力を貸してくださったすべての皆様のお陰です。
ほんとうにありがとうございます。

素敵な候補作品群で、どの作品が受賞してもおかしくない議論の中、2時間半呼吸が止まりましたが、生きてました!二十代半ばの若く才能溢れる作家の作品が輝いて見えました。ほんとうはこういうのを書きたいと思っていることをやってのけている作家の作品がうらやましく見えました。力を振り絞る感じの寝技みたいな自分はどうも不格好です。でもそれが自分です。うれしいですが、うれしいですが、手放しで喜ぶというより、苦し紛れでつかんだみたいで、有無を言わさぬ圧倒的な作品を書かないといけないという反省と一緒に、きっとじんわりと嬉しさがこみあげてくるんだと思います。

初めて筆をとってから12年。最終選考におちまくること7回。ちょっとゆったりめのペースかもしれませんが、誠実に貪欲に戯曲に向かい合いたいと思います。
うんでもやっぱ、一等賞はうれしいです。

これからです。
この賞と、諸先輩方の選考に恥じない劇作家にならねばならぬと、身の引き締まる思い。大きく息を吸って、もっと自由に少し自信をもって、書き続けます。
あちこちお礼やごあいさつで、候補者の方々とお話しする時間がほとんど取れなかったのが残念。また出会いたい皆さんでした。

授賞式_会長.jpgないしょ_8497.jpgないしょ_4312.jpgないしょ_1317.jpgないしょ_1403.jpg
posted by みなみで at 20:26| 大阪 ☁| Comment(0) | らまのだ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。