2019年02月08日

【映画】放浪の画家ピロスマニ

放浪の画家ピロスマニ

https://eiga.com/movie/48484/

人物の無表情さ、行動の無機質さ、平面的な構図。記号的に容赦なく進む物語。
大きく心動かされることはなかった。ただただ淡々とした映像を淡々と見るだけ。
物語の進行も雑。とにかく出来事だけを大雑把につなぎ合わせただけに思える。
おおよそ写実的でない構図や鮮やかな色彩は、まったくもって現実感に欠ける。
ただ、いちいち美しい。だがそれも、時折出てくる、おそらく本物であろう絵に完全に負ける。
ピロスマニという画家の半生を、意図的に絵画的な映像で綴った、記録のような映画に感じた。

ただ不思議と、見続けることはできる。むしろ、心地よい。
二度目三度目の、物語の理解に余計な思考を巡らせなくてよい時の方が、安心して作品の世界に浸ることができた。
英雄染みたエピソードがない。葛藤も絶望も押しつけがましくない。
場面と場面の間の説明が少なくどんどん進む、小気味良い。
余計なもの一切を排除し、潔く好感が持てる。

そして時折、実物の絵が映し出される、その数秒間のクライマックス。
その数秒間で、自分の頭では処理しきれない、あふれんばかりの整理されていない情報が流れ込んでくる。
そしてそれを利用すること、頼ることを、それを見せることを、ちゃんと目的としているように感じた。
一回目の鑑賞ではこれを肯定的にとらえることはできなかったけれど、繰り返すうちにどんどん好きになった。
偶然じゃないのか、とも思った。突然本物を出して、ひいき目に見ても、そこに異物感がある。
ただ、全体を執拗に平らに描ききったがために、絵が異物感そのままに映画に適切に納まった。
そのために作られた映画なのではないか、とすら思いはじめた。

この作品から衝撃を受けることはなかった。
それどころか、緊張、興奮する瞬間もなければ、なぜかと反芻してしまうような人の行動や在り方もない。

ただ、孤独というものは、描き方によっては、こうも美しく、心地よくなるものなのかと、思った。
この映画には、やわらかでたよりない救いがある。
それは、視覚的な美しさからくるもので、それが圧倒的であるところに、この映画の凄みがある。
何度か観て、そう思った。


【関連する記事】
posted by みなみで at 07:36| 大阪 ☀| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。