2015年07月07日

しんみりと、出張

雨の新幹線です。いや、でした。
静岡あたりは雨足が強く、
窓の水滴が高速で流れてく。

子供のころ、親父の運転する車で、高速道路。
窓にこんな、水滴が高速で流れていくのを、
固唾をのんで凝視していたことを思い出した。

知った顔で、経験で、低温でしゃべらず、
あんな、好奇心の塊でおらなアカンなぁ。

昔の可愛くて無邪気だったであろう幼い自分に、
時空を超えて教えられた気がした。
ちょっとだけ、会話した。

rain.jpg
※新幹線は隣に人がいて不審がられるので、写真はネットで拾ったフリーのやつです。
posted by みなみで at 00:41| 大阪 ☁| Comment(0) | ・書き物(短文、詩) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月03日

もう、ずぶ濡れの ハト

近づくと、

そのずぶ濡れのハトは、湿ったゆっくりの羽音で低く短く飛び去った。

ほんとうは、もう、とっくに飛べないはずなのに。

そのハトは、自分は飛べるという、疑いようのない確信の力で、見事飛んだ。

その姿に、哀れさの欠片すら感じることがなかったのも、きっと、自分は飛べるという、疑いようのない確信の力だ。

その姿がどのハトよりも強く勇ましく映ったのも、自分は飛べるという疑いようのない確信の力だ。

どうか

どうか、若い人たち、厳しい自然
あのハトの確信に疑念を抱かせたりしないでください。
本当はもう昔とは違う、弱い自分になっている現実をわざわざ突き付けないでください。

それが自然の摂理で、あるべき結果だとしても
僕はもう少しだけ、あのハトが見事飛ぶ姿を眺めていたいのです。

posted by みなみで at 15:01| Comment(0) | TrackBack(0) | ・書き物(短文、詩) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月10日

よい時間

歌を聴き
映画を見て

地べたから空を見るようなもの
空から俯瞰するもの
商業的なもの
プロパガンダ
すべてに対して

斜に構えず
白い気持ちで

x年後
どんな死に方をしたい?
理想を空想し

したたかに
我慢強く
優しく
ある
独りの時間

たかが知れている自分が
もしそうでなくなれたとして
それはたかが知れている自分の周りの
等身大の仲間たちのおかげだと
ほんとうにそう思える確信に満ちた
よい時間

posted by みなみで at 21:25| Comment(0) | TrackBack(0) | ・書き物(短文、詩) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月15日

ぜいたく

楽しく暮らしたい
楽しく暮らしたい
もう少しだけ楽しく暮らしたい


しんどい日を減らしたい
しんどい日を減らしたい
もう少しだけしんどい日を減らしたい


そんな我が儘な望みを並べて眺めて

届いたらきっと つまらないことだから

届かずに眺め続けられる ぜいたく
posted by みなみで at 22:02| Comment(0) | TrackBack(0) | ・書き物(短文、詩) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月01日

雨ふり夜道

傘を叩く雨の音
水溜まりに
線香花火の瞬き模様
雨に打たれて
自動販売機ぼわっとひかり
じっと口をつぐむ
posted by みなみで at 23:36| Comment(0) | TrackBack(0) | ・書き物(短文、詩) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月18日

短歌の練習

まるはげの 街路樹風を 切り裂けど

背後にたんたん 燈る信号

寂しげな タイヤの音の 窓の外

冷たい雨に 道薄く濡れ

食ったるぞ 俺は絶対食うんだぞ 

絶対かえすか お前の卵

ゼンマイの 玩具のセミの とけかけの 

夏のおわりの 頼りない音

特急の 扉をくぐって ひと眠り

あまりに容易 故郷の空気

posted by みなみで at 15:11| Comment(0) | TrackBack(0) | ・書き物(短文、詩) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月20日

輝いていないときの在り方

息の長いアーティストでも、本当にいい時期っていうのは、そんなに長くない。
すごくいい作品を出しつつも、一発屋と呼ばれてしまう人もいる。

輝いていないときの在り方。
そこからみえる、本質を見たい。

posted by みなみで at 02:48| Comment(1) | TrackBack(0) | ・書き物(短文、詩) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月14日

信じることって

学生の頃の物理の教授が、

「力学を知っていれば絶対事故にあわない。」
「力学を知っていれば絶対喧嘩に負けない。」
「あらゆることは力学が支配している。」

などなど冗談のように口癖のように言っていた。

本気だけど冗談としてしか聞いてもらえないから、
そういう風に言ってただけのような。

ちょっと危うい雰囲気だけど、
物理の教授が、物理がこの世のすべてだと信じて、決め付けている。
そういう潔さはすばらしいと思う。

客観性や冷静さなんていらない。

posted by みなみで at 14:20| Comment(1) | ・書き物(短文、詩) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月06日

大志を

今年こそ、ホ乳類を卒業して、

まだ誰も見たことのないまったく新しいセキツイ動物になるぞ。

posted by みなみで at 04:05| Comment(2) | ・書き物(短文、詩) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月23日

直角が好き

うどんまみれのメガネ君をつれて
マンホール的やわらかさで
シャンゼリゼ通りを右折しましょう

posted by みなみで at 02:00| Comment(1) | TrackBack(0) | ・書き物(短文、詩) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。