2016年12月12日

新人戯曲賞をいただきました

ご報告。

劇作家協会新人戯曲賞をいただきました。
ひとえに、支え力を貸してくださったすべての皆様のお陰です。
ほんとうにありがとうございます。

素敵な候補作品群で、どの作品が受賞してもおかしくない議論の中、2時間半呼吸が止まりましたが、生きてました!二十代半ばの若く才能溢れる作家の作品が輝いて見えました。ほんとうはこういうのを書きたいと思っていることをやってのけている作家の作品がうらやましく見えました。力を振り絞る感じの寝技みたいな自分はどうも不格好です。でもそれが自分です。うれしいですが、うれしいですが、手放しで喜ぶというより、苦し紛れでつかんだみたいで、有無を言わさぬ圧倒的な作品を書かないといけないという反省と一緒に、きっとじんわりと嬉しさがこみあげてくるんだと思います。

初めて筆をとってから12年。最終選考におちまくること7回。ちょっとゆったりめのペースかもしれませんが、誠実に貪欲に戯曲に向かい合いたいと思います。
うんでもやっぱ、一等賞はうれしいです。

これからです。
この賞と、諸先輩方の選考に恥じない劇作家にならねばならぬと、身の引き締まる思い。大きく息を吸って、もっと自由に少し自信をもって、書き続けます。
あちこちお礼やごあいさつで、候補者の方々とお話しする時間がほとんど取れなかったのが残念。また出会いたい皆さんでした。

授賞式_会長.jpgないしょ_8497.jpgないしょ_4312.jpgないしょ_1317.jpgないしょ_1403.jpg
posted by みなみで at 20:26| 大阪 ☁| Comment(0) | らまのだ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月26日

明後日まで内緒にしておく、作品によせて

二十代前半のころ、学習塾を経営していた。経営とは完全に大げさで田舎町で寺子屋みたいな塾の自営業していた。トラウマになるくらいしんどい時期があった。熾烈な生徒捕獲競争の中、世間知らずの若造は、遠慮のない大人の大手の洗礼を徹底的に受けた。
芝居をしようと学習塾を畳み大阪にでたとき、大手の予備校で講師のアルバイトをした。アルバイトなりに、あの、敵だった容赦のない大人の大手側に立った。
今思えば稚拙なところもあるけど、自営業の学習塾に比べるとはるかにシステマティックで随所が徹底していて先生方も誇りを持っていた。業界において無敵に思えた。
その予備校は今はもうない。子供が減った。そして、もっと大手にやられてしまったのだ。

生徒たちの目標や夢をサポートすることを商売とすることに、やりがいと矛盾を感じた。
でもそれを必要とする子供がいたし必要とする世の中があった。
もっとそれをかなえる雰囲気を持った集団によって淘汰された。
この現象において、誰もがそれぞれに持つ立派で尊い良心と責任に基づいて行動していて、誰も悪くないように思えた。先生がたも生徒たちもほどよく精一杯だった。強く弱く。潔癖でずる賢い。自分がまだ若かったこともあって、なおそう感じた。

演劇で掬い取りたい素材。衝動にかられやってみた。
今回は半ば演出との共同作業で作品を作ってみたのは、強すぎる思い入れを緩和させる必要があったからなのかもしれないと思う。
あの日見たあの空間の本質はこの作品の中に確実に息づいています。

明後日まで内緒にしておく、のタイトルみたいに、
あの日悔しくて恥ずかしくて言えなかったことを、綴ります。
posted by みなみで at 18:51| 大阪 ☁| Comment(0) | らまのだ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月11日

兄弟のはなし


兄弟ってのは、なんとも気色の悪い関係だ。
一般論ではなく、うちの場合だけかもしれないけど。僕には弟が居るけど(そういえばfacebookでつながっとるな)、何年も連絡を取らない。弟の携帯も、携帯が当たり前になってから十数年経ってようやく知ったくらい。それも、待ち合わせで必要に迫られて両親をハブにして互いの連絡先を知った。少し覚束ない感じで「空港到着」ってメールを送った記憶が何故か鮮烈に残る。

その癖、いざ会うと熟年夫婦のようなリラックスした感じで、話をして酒を飲み、寝る。

元家族なのだ。もう家族ではない。互いに所帯を持っている。それぞれのペースがある。ライバルであり同志であり、半分他人でもありそうでなかったりもする。馬鹿にもしあうし尊敬もしている。誇りに思うこともある。普段の生活の中では、お互いを全く必要としない。今思えば、昔からそうだ。

この距離感は、いずれ別々の所帯をもち生きることになるという運命を、小さいころから背負っている故の、動物的本能なんだろうか。僕の本質をくすぐる気色の悪い関係だ。

今度の「まど」という作品は、そんな兄弟について、三十分間徹底的に考察する会話劇です?ん、すこし違うけど根っこはそうなのです。
その間に一人の妙ちくりんな女が割り入ってきます。こいつがまた、自分でかいといてなんなんですがムカつくけどかわいいんです。
 
まど、は次の二つのイベントでそれぞれ上演します。
ご都合つけば、お越しください!

 ■桃唄309主催 短編劇集 volume 10 秋カフェ 『夜いろいろ』 
30分×2本の短編作品を上演します。 僕の作品は(A)グループで、次の4ステやります。
9月28日(水) (A)20:00/30日(金) (A)15:30 10月1日(土) (A)19:30/2日(日) (A)13:30 
会場 中野RAFT(中野坂上) 
チケット (こちらからご予約いただけると有難いです)
詳細

■神奈川劇王 
演劇甲子園みたいなやつで、神奈川県代表の座をかけて 12団体で観客投票で勝敗を決める企画です。 予選1ステのみです。(勝ったら日曜日決勝戦) 清き組織票を!というのは冗談で公平な一票を投じてください!
10月15日(土)19:00開演 (ワンステージのみ!)
会場 神奈川県立青少年センター(桜木町)
チケット(こちらからご予約いただけると有難いです)
詳細
posted by みなみで at 19:37| 大阪 ☁| Comment(0) | らまのだ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月22日

お知らせと梨。

劇作家協会のホームページに、月いちリーディングの選出者の作者達のページに記事を寄稿させていただきました。締切直前ですがとても良い企画です。ブラッシュアップしたい作品をお持ちの劇作家の方々は、ぜひご応募してはどうでしょう。
http://www.jpwa.org/main/activity/reading-workshop/tokyo/newcomers#minamide

11月公演にむけてFACEBOOKページを作成しています。
公演の情報を徐々に更新していきますので、ぜひ、いいね!をお願いいたします!
https://www.facebook.com/lamanoda

ちょっと頑張った自分へのご褒美?
勇気を振り絞って、買ってしまいました、これ!!!!!!
千疋屋の梨です。さすが千疋屋!世の常識を超越した価格設定!
一個ですよ、一個。一個千円!アホちゃうか!
でも、千円で千円では味わえない、セレブで贅沢な気分を味わえる、はず。
まだ、食べてません。びびって食べられません。
勿体無いことにならないよう、皮をギリギリに薄く剥かなければならぬ。
しかし、味を損ねるほどギリギリではいかん。
どきどきです。
nashi.JPG
posted by みなみで at 20:19| 大阪 ☔| Comment(0) | らまのだ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。