2015年01月11日

プロフィール

南出謙吾(Minamide Kengo)

 劇団りゃんめんにゅーろん 座長
 Common days 所属
  担当:劇作>俳優>演出

見ず知らずの東京へ転勤となったので、自己紹介と記録を兼ねて、つらつらと過去に携わった作品を記します。
どうぞよろしくお願いします。(右が私です。芦川さん、勝手に登場させてしまい、すみません!)

なお、記憶を頼りにしていますので、順不同(おおむね時系列)です。
また、NETが普及する前のやつなどは特に、抜けているかもしれません。
映像系は記憶にも記録にもほとんど残っていません。
もし、南出をつかったったのにかいてへんやん!ってのがあれば、教えてください。

commondays.jpg


【経歴】


1999年 大阪に移り住み、“劇団りゃんめんにゅーろん”に役者として所属。

1991年の設立当時の名称は“舞台創造集団りゃんめんにゅーろん”。作家数名(大阪シナリオ学校の卒業生たち)のプロデュース集団だったが、以降 専属俳優を抱え劇団となる。

2002年 玉突き人事的に座長になる。

2004年 初めての長編執筆作品、『こうしているわけ』を上演。

2006年 新たな公演の形態を模索し、Common daysを音響家Shinomyらと共にCommondaysを立ち上げ。

2007年 『青空の窪みに、指を』で大阪春の演劇祭り脚本奨励賞受賞。

      『みそ味の夜空と』で、名古屋市文化芸術振興賞最終候補となる。

2008年 『カラベラの踊る夜に』(作・松本高志/演出・飯尾千津子)で、大阪春の演劇祭り

主演男優賞受賞。

『みそ味の夜空と』で、OMS戯曲賞(大阪ガス主催・関西限定の戯曲賞)の最終候補。

兵庫県の伊丹AIHALL主催、北村想塾長が指導する、伊丹想流私塾の塾生となる。

2010年 伊丹想流私塾マスターコースに参加。3月、『ちゃんとした夕暮れ』を上演し、

同作品で第10回AAF戯曲賞(愛知県文化振興事業団主催)の最終候補。

2011年 伊丹想流私塾卒業生の会である、“クオークの会”に参加。

『ちゃんとした夕暮れ』で、第18回OMS戯曲賞最終候補。

2012年  9月、『終わってないし』を上演。同作品で第12回AAF戯曲賞最終候補。

2013年  東京進出(転勤で!)


【脚本】

    「まど」※短編

  「終わってないし」※AAF戯曲賞最終候補

  「窓からさくらのことだけを 」※地底人さくらのこと 改稿

    「触れただけ」※短編

  「鳥と戦闘機」

    「ちゃんとした夕暮れ 」※AAF戯曲賞・OMS戯曲賞最終候補

  「天望タワー」

  「頑丈な夜」

  「潮風と流木とワカメ」※こうしているわけ 改稿

  「地底人さくらのこと」

  「天気予報を見ない派」※短編 なぎくれて、風 改稿

  「青空の窪みに、ゆびを」 ※大阪春の演劇祭り戯曲奨励賞

  「みそ味の夜空と」※名古屋市文化芸術振興賞・OMS戯曲賞最終候補

  「かすかに、UFO」

  「風のあと」

  「パカッ」※短編

  「空蝉」※短編

  「こうしているわけ」

  「なぎくれて、風」※短編


【ラジオドラマ】

  「ぶうぶう」

  「かき氷マシーン」

  「まぶたの中と外」

  「何もない部屋」

  「青空の窪み」


【出演】

・りゃんめんにゅーろん、Commondays又は、セルフプロデュース

  「ちゃんとした夕暮れ 」

  「カラベラの踊る日に」※大阪春の演劇祭り主演男優賞

  「鳥と戦闘機」

  「天望タワー」

  「頑丈な夜」

  「青空の窪みに、ゆびを」

  「森蔭アパートメント」

  「ビーナスの桎梏」

  「White Box」

  「地底人さくらのこと」

  「みそ味の夜空と」

  「かすかに、UFO」

  「オールドパル」

  「UNDER BRIDGE BLUES」

  「ポプコーンの降る街」

  「ひめごと」

  「月見荘秘話」

  「パペットの屋根」 

  「まばたきの庭」 

  「WANTED!俺たちは大工じゃない」 

  「サラスワティ」

・客演

  「PRATTLER 〜囀りの場所〜」

  「骨」

  「ナッチョナリズム」

  「牛」

  「つづく」

  「紙屋町さくらホテル」

  「泣き虫なまいき石川啄木」

  「髪をかき上げる」

  「LOVE KILLS ME / ブルーデイジーブルー」

  「屋上バックヤード」

  「夕焼けのブルー」

  「りんごの唄」


【映像】

  「科捜研の女 十年〜妻が夫を裏切った日」

  「和歌山マリーナシティCM」

  「いのちの現場から」

  「水曜 女と愛とミステリー グズ茂検事の犯罪捜査」

  「京都夢情ロマンス 西洋骨董通り物語」



posted by みなみで at 15:46| 大阪 ☀| Comment(0) | プロフィール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月22日

PRATTLER 〜囀りの場所〜 いよいよ来週末

いよいよ来週末に迫りました。
田辺真弓×空の驛舎 collaboration 「PRATTLER 〜囀りの場所〜」

いよいよ、来週末に迫りました。
昨今色々なお芝居がありますが、この作品だけの独特の演劇体験ができるのではないかと、思っています。
そして、関西での役者としての活動は、これにて一旦おしまい。(理由は後日!)
そんなこんなで、ぜひとも、ご覧いただきたい。
ご予約は、下記にて受け付けております。

http://ticket.corich.jp/apply/44035/009/

稽古写真を撮り損ねたので、稽古が終わり撤収直前のひとこま
IMAG0264.jpg

posted by みなみで at 02:44| 大阪 | Comment(1) | 公演:その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月10日

ちょっとした夕暮れ 終演


ちょっとした夕暮れ、おわりました。

ご来場の皆様、ご関係者の皆様、お越しいただき、お力をお貸しいただき、ほんとうに、ありがとうございました。

多少見込みが甘かったってのもありますが、おかげさまで、全ステージ満席という、
幸先のよい最後でした(なんだそりゃ)。

13年の演劇生活において、節目となる、公演。
そして節目に、どうしてもと思える方々とご一緒できて、自分は本当に幸せ者です。
もっと話たいのに、直ぐに我慢する癖があります。
その不足状態がちょうどいいのかもしれません。
ちょっとした夕暮れの如く、近づきたい気持ちを抑えて隠してすれ違ってしまって・・・
人と人の間にある、不思議で艶っぽい関係が、ちょうどいいのかもしれません。
感謝したいと思う方が沢山いる。それってとてつもなく幸せですね。

当日パンフレットからの抜粋となりますが、

公演への想い、率直な気持ちを綴りましたので、あらためてブログにも掲載させていただきます。

 

---

劇団を通して演劇を学び、演劇を通して、ほんとうにたくさんのことを学んできました。

かけがえのない空間です。

それぞれの時代にそれぞれ「顔」となる方がいて、それぞれの事情でいなる時が訪れ、

その度に解散の危機が訪れました。

でも、自分が演劇と劇団から得たものを思うと、

なにがなんでも続けるという選択以外は考えられませんでした。


それでも、抗い難い事情によって、劇団りゃんめんにゅーろんは今回で休団となります。

そのまま、再開しないままの団体が半数以上、いや殆どかもしれません。それも分かった上での休団です。

 

長い間、ほんとうにありがとうございました。

そして、今日も、慌しい日常の中足を運んでくださり、ありがとうございます。

こうして演劇の空間を共有させていただけることを、有難く、嬉しく思います。

---

ツイッターでいただいた感想をまとめました。
劇場での反応が全てだとわかりつつも、やっぱりこういうのはとてもうれしいものです。
ありがとうございます。
 
 http://togetter.com/li/469010

空の駅舎の中村賢司駅長より、感想というか激励の有難いお言葉を頂きました。
僕はあたふたと、襟は正すは、褌は締めなおすは、ねじも巻きはじめます。
本音の在り処に対して真摯に、世の中の違和感に慣れず、不恰好を好む。そんな生き物になりたいと思った。
http://plaza.rakuten.co.jp/naken4/diary/201303070001/


写真を何枚か撮ったので、思い出アルバムです。


パンフレット下絵。
ごく一部で好評でした(ほんまか?)。最初は全部手書きの予定だったので、
宿南さんのお名前がチラリと。
IMAG0112_BURST002.jpg


小さい夕方の二人。
彼女とは知り合ってまだ数ヶ月。でも何かがハマりました。
IMAG0198.jpg

その稽古風景。稽古のふりですが。

IMAG0012.jpg

天気予報を見ない派
こちらは、長いお付き合いのお二人です。
全力で戯曲に立ち向かってくださいました。
IMAG0203_BURST002.jpg

その稽古風景。寒かったなぁ。
IMAG0029.jpg

集合写真。
瞬間の写真だけど、みんな、「らしい」と思えます。すごい。
IMAG0210.jpg

お世話になった稽古場。
劇団未来前。悟さんと、制作かばさん。
IMAG0211.jpg


何回も通いました。
IMAG0212.jpg


そして、全部終わって、我が家。
余韻がもったいないので、ゆっくりと、現実に、戻ります。
IMAG0217.jpg


・・・ありがとうございました。



posted by みなみで at 05:06| 大阪 | Comment(0) | すみません、カテゴリは無茶苦茶です | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月25日

劇団りゃんめんにゅーろん 休止前番外公演 ちょっとした夕暮れ

劇団りゃんめんにゅーろん休止前の番外公演でございます。
席数少ないので、お早目のご予約をお勧めします。
よろしくお願いします!



3月5日(火)・6日(水) 雲州堂(北浜・南森町)

劇団りゃんめんにゅーろん番外公演
ちょっとした夕暮れ
     脚本/演出 南出謙吾

〜夕暮れに似た、ふたつの物語〜


ごあいさつ。
 様々な事情があって、この公演にて劇団活動は一旦お休みをすることになりました。
 13年になります。どちらかというと、細々と、でも一意専心に、やってきたつもりです。
 これは、断末魔ではなく、集大成です。小さいけれど、そういう作品です。
 第18回OMS戯曲賞・第10回AAF戯曲賞最終選考ノミネート作品を、悔しさのあまりの大胆リメイクで挑みます。
 (エンゲキは、続けます!)
IMG_5808.jpg
 
第一話  Cast  宿南麻衣(遊気舎)×南出謙吾
 仲良く食事をする女子高生と中年男性。違和感に満ちあふれた二人だ。
 間違いだらけの女子高生に向けた、間違いだらけの中年男性の、間違いながらも切実な想いは、届くのか。
 
第二話 Cast 肉戸恵美(劇団未来)×田中悟(ONE WAY TRIP)
 十数年ぶりに再会したかつての恋人。長い年月は二人の間に静かに立ちはだかる。
 だんだんぬるくなっていくコーヒーとともに甦る、今だけかもしれない、二人のなつかしい時間。

■Staff
 脚本/演出 南出謙吾
 スーパーバイザー Motoki Shinomy
 音響 Molly
 宣伝美術 山本祐也
 小道具 宮田泰羽
 制作協力 工房おきてみるゆめ

■開演時間
 3月5日(火曜)
  18:30〜 20:30〜
 3月6日(水曜)
  19:30〜
 上演時間は60分。
 受付開始・開場は、開演の30分前です。
 席数おおよそ30席限定でご予約優先となります。

 ご予約 http://ticket.corich.jp/apply/43017/

■会場
 雲州堂
  京阪北浜26番出口徒歩5分
  南森町2番出口徒歩7分
  会場問い合わせ先06-6361-3903
  http://www.iori-unshudo.com/access

■料金
 2000円(ワンドリンク込)

■協賛
 Common days

■劇団WEB
 http://www.ryanmen.com/

■こりっち紹介ページ(観たい!の登録お願いします!)
 http://stage.corich.jp/stage_detail.php?stage_main_id=33429

■問い合わせ先
 minamidek@gmail.com(南出)
 IMG_7071.jpg
 

posted by みなみで at 22:40| 大阪 ☀| Comment(7) | 公演:ちょっとした夕暮れ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月31日

2012年 ありがとうございました!


2012年は実り多い年でした。

入団時、今思えばずっと頑丈な劇団だった、りゃんめんにゅーろんですが、
先輩方の卒業を繰り返し、今はもう、小さな小さな劇団です。

その風前の灯がまさにゆらりとゆれております。

来年のとある時期からは、劇団としては、少しお休みをすることになります。
それを、お休みというのか、終わりとするのか、まだちゃんと決めていません。
ただ、それぞれに、それぞれの、事情と想いを抱えており、
そういうことになることが、確実になっています。

でもきっと、それぞれ、芝居は少しずつでも続けていきます。
僕らの動機は、もはや野心ではないのです。
ただ、芝居が好きでたまらないだけ。
自分の手に届く周りの人たちとだけでも、
その素晴らしさを共に感じたいという、小さな小さな志です。


話は飛びますが、学生の頃の物理の教授の話。
その教授は「物理」のことを盲目的に信用していました。
もはやうろ覚えですが、とにかく、
「物理を知れば、絶対事故にあわない!」
「この世の全ては、物理が支配している!」
「物理は人類を幸せに出来る!」
などと、(一応、冗談のネタように)常々口癖のように言っていました。

怪しい雰囲気の教授で、変人扱いされ、敬遠され気味でしたが、僕は大ファンでした。
物理の教授が、物理こそがこの世の全てだと信じている、という、潔さがほんとうに素敵でした。
大人びたバランス感覚や、中庸の考えはかなぐりすてて、とにかく信じる。

そういう風に、芝居に溺れていられたらいいのにな。


りゃんめんにゅーろんの2012年の活動(ほとんど外部!)を振り返って、
来年に向かいたいと思います。
来年は、春までは活発に動きます!
第30回公演を強行するかどうか、検討中!


2012年の活動の振り返り。
みなさま、ほんとうに、ありがとうございます。


2/17-18 劇団レトルト内閣「地獄、まっしぐら!」@フジハラビル
     http://www.retoruto.com/hebi01/
      ⇒山本出演

   劇団員山本の幾度目かの客演。
   手前味噌になりますが、素晴らしい共演者にも恵まれながら、
   負けじと戦い、嫉妬するくらい色気のある役者になったと実感。
   可能性を引き出してくださったレトルト内閣様に感謝。

4/23-25 CommonDays「みそ味の夜空と」@シアターカフェNyan
     http://stage.corich.jp/stage_detail.php?stage_id=34558
      ⇒南出 脚本・出演 

   再演。気心の知れた仲間と小さな公演。
   Shinomyが、少しずつ自分の演出スタイルを確立しつつあり、
   阿吽の呼吸で応える役者。
   ユニットという形式だが劇団としての成長を感じた。

5/19-20 伊丹想流私塾第16期生公演「つづく」@AIHALL
     http://www.aihall.com/lineup/gekidan04.html
      ⇒南出出演

   新人劇作家(でない人も多かったが)の戯曲塾の卒業公演。
   作演同一が多い昨今だが、分業することの強みを感じた。
   普段接触の無い演劇人との出会いは刺激的だった。


8/25 劇王コンペティション「骨」@ドーンセンター
     http://minamidek.seesaa.net/article/288376727.html
      ⇒南出出演

   西史夏さんの戯曲を、リーディングで上演。
   過去最短と言える、ほんとうに短い期間だったが、味のある作品に仕上がった。
   結果は惜しくも選外だったが、ひとつの素敵な作品を作り上げた喜びは大きかった。    


9/7-9 劇団りゃんめんにゅーろんVol.29「終わってないし」@カフェ+ギャラリーCantutku
     特設サイト http://www.ryanmen.com/owa/ktop.html
     感想まとめ http://togetter.com/li/370548
   
   一年半ぶりの本公演。充電した後の渾身の戯曲だった。
   客演の皆様もも素晴らしく、想像以上の仕上がりになりました。
   自分の課題も発見でき、今の立ち位置を把握できた。
   

10/15 第12回AAF戯曲賞最終選考会「終わってないし」 
     http://www.aac.pref.aichi.jp/sinkou/news/12th-aaf-kettei/pdf/aaf12_shinsa.pdf
      ⇒南出戯曲 またもや花と散る!

   締め切りに間に合わず初稿で挑戦。それでも少し自信があったがまたもや惨敗。
   自分のしょうもない拘りが自分を狭めていると痛感。もっと自由に大胆に書こう。


12/14-15 プラズマみかんつぶつぶ企画「ナッチョナリズムU」@カフェスローオーサカ
     http://plasma-mikan.com/
      ⇒南出出演

   若い方々とご一緒したいと願っていたら、突然舞い込んできた客演。
   期間的に突貫になるのではと危惧していたが、参加できて良かった。
   全員が貪欲に考え行動するチームでした。
   仲間と一緒にととことんまでやり抜く、つきあっていただける、そういう環境が幸せでした。
   苦手だったツイッター、やりすぎな位、覚えました。
   あと、若い(とかいいながら、実はそれほどでもない 失礼!)方々と知り合えて、よかった。
   うちの劇団にも出てね。

・・・仕事忙しいたら、なんだかんだゆうて、けっこうやってるやん。と思った。

posted by みなみで at 16:16| 大阪 ☀| Comment(0) | すみません、カテゴリは無茶苦茶です | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月26日

12月客演のご案内

12月に久しぶりの客演で役者をします。
ことしの目標だった、「若手の劇団と一緒に演る」が、年の瀬で遂に叶いました。
ちょっと緩めの企画に見せかけて、みんな本気で取り組んでいます。作品自体も想いの熱さによって、独自の進化を遂げそうです。企みに満ちた作品群。ご期待ください。
ご予約は私にMailかMessageくださればOKです。
よろしくお願いいたします!

ちなみに写真は作品についてあれやこれやと語り合う、再現シーンです。
IMG_7329 (1).jpg
---------------------------------------------
プラズマみかん つぶつぶきかく
「ナッチョナリズムU」
【作・演出】
中嶋悠紀子 屋鋪柚佳 芝田聖月
【出演】
中嶋悠紀子 屋鋪柚佳 芝田聖月
佐々木誠(匿名劇壇) 白野景子
宿南麻衣(遊気舎) 南出謙吾(劇団りゃんめんにゅーろん)
【上演日程】
2012年12月
14日(金)16:30/19:30
15日(土)11:30/15:30/18:30
【会場】
Cafe Slow Osaka(カフェ・スロー・オーサカ)
〒532-0028
大阪府大阪市淀川区十三元今里2ー5ー17
【料金】
前売・当日とも:1500円+ワンドリンク500円
---------------------------------------------
posted by みなみで at 01:29| 大阪 ☀| Comment(0) | 公演:その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月07日

次回公演「終わってないし」

公演は無事終了しました。
多数のご来場ありがとうございました。

いつもありがとうございます。
次回公演のお知らせです。
ご予約は、下の方に記載の予約フォームからお願いします。

★チケット情報★

予約制です。
ご予約の無い方は、ご予約の方が入場後の入場となります(開演10分前めど)
ただし、完売していない日については、空席分は当日の方でもそのままご入場いただけます。
最新情報9/7時点

7日 20時×完売(当日の方は立ち見となります。)
8日 14時▲
8日 16時×完売 
8日 18時◎(超ゆとりあり。絶賛絶賛受付中!) 
8日 20時▲
9日 12時◎ 
9日 14時×完売(当日券若干出せます。) 
9日 16時○

終わってないし 表.png
りゃんめんにゅーろん 第29回公演
「終わってないし」
脚本・演出 南出謙吾

次回の公演は、4畳半芝居。
舞台もまさに四畳半。されど四畳半。
四畳半からどこまで世界は広がるか、深まるか。
心の小宇宙(コスモ)も無限ですから!

お客様センターに勤める男が、
ネットゲームにはまって、徐々に世界を歪めていく・・・

素敵な客演にも恵まれました。是非ご覧ください。
上演予定時間は70分。観やすい時間となっております。


日時(全8ステージ 時間は開演時間 【】はチーム 開場は開演の30分前 上演時間約70分)
 2012年9月
  7(金) 20時〜【W】
  8(土) 14時〜【E】/16時〜【W】/18時〜【W】/20時〜【E】
  9(日) 12時〜【E】/14時〜【W】/16時〜【E】
  ご予約はこちら。


出演(ダブルキャスト)
 【Wチーム】 
  山本祐也・田中之尚(10デシリットル)・藤京子(レトルト内閣)・一瀬尚代(baghdad cafe')
 【Eチーム】
  久家順平(舞夢プロ)・山本祐也・福田恵(レトルト内閣)・巽由美子(sputnik.)


★予約制です。詳細は画面の一番下のカレンダーからどうぞ。

★ご予約の方は、開演10分前までにお越しください。
 開演10分前を過ぎますと、予約キャンセルとなりますので、ご了承ください。

音響 三宅由利子(演劇農耕者) Molly
照明 坂本涼平(坂本企画)
受付チーフ かば(工房おきてみるゆめ)
宣伝美術 山本祐也
制作 劇団りゃんめんにゅーろん

会場 カフェ+ギャラリー can tutku[ジャン・トゥトゥクー]
   四ツ橋線花園町4番出口より南へ徒歩3分
   大阪市西成区松1-1-8-1F



終わってないし 裏.png

 

posted by みなみで at 04:08| 大阪 ☁| Comment(1) | 公演:終ってないし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月28日

安定志向さんが、新聞に載った!

なんと、今回出演してくださる、劇団レトルト内閣のお二人が産経新聞に。

http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120824/lcl12082414110001-n1.htm

お蔭様で、ご予約殺到中!・・・というのは言い過ぎました。
でも、お二人の活躍をご覧になりたい方は、是非お越しくださいね〜。

「仕事も笑いも府市統合」て・・・見出しは、さすが新聞屋!と思いました。

ちなみに、お二人はコンビでは出演しません。Wキャストで別々です。ジャロに怒られるといけないので、念のため!
posted by みなみで at 09:40| 大阪 ☁| Comment(0) | 公演:終ってないし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月25日

劇王コンペティションに参加しました。


想流私塾の同期塾生であり、今はクオークの会で、
お互いに戯曲をあーだこーだ言い合っている、
劇作家仲間の西史夏さんにに突然のお誘いを受け、
劇王コンペティションに参加しました。

短い・・・というにもあまりにも短い稽古でしたが、
充実してた、楽しかった、ほんと、いい時間だった。
西さんの世界の構築に、すこしだけでもお手伝いできてよかった。

そしてご一緒させていただいた太陽族の佐々木さん、空の驛舎の高橋さん、、ん?
ちょっと、それぞれ主宰の方にはお世話になりまくった劇団の方で緊張しましたが・・・
みんな、気持ちが良いほどに本気でした。
ピアニストの角野さんが、余裕綽々でひとつの登場人物になってるのには、驚いた。

そこはかとなく漂う怖さと、綺麗さを持った作品でした。
ええ作品でした。
でも、結果は、見事残念賞でしたが、見事な残念賞だったと思う。

記念写真晴れ
1gBnt.jpg

優勝は、ともにょ企画の鈴木さん。
先日共演者が出演しているのを拝見したのが初見。
若手です。若いです。ぷるぷるのぴちぴちです。
若さとエネルギーに満ち満ちてます。
あああうらやましい。
若がえろ。ふけへんようにしよ。
ほんま。




posted by みなみで at 21:42| 大阪 ☀| Comment(0) | 公演:その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月12日

組織のマネージメントと脚本・演出。



こんにちは。
真面目なフリをそろそろやめたい南出です。

組織のマネージメントって、
・セットした目標に対して、外的・内的要素を分析し、達成のためのストーリーを立てる。
・そのストーリーに対して、意識統一を図り、人材、資材、資金の配置や進捗の管理を行い、達成に結びつける。

そもそもの「目標」ってものに、魅力や夢があるか、持たせられるかということが、大切ですね。
それが、メンバーみんなのモチベーションの源なんですから。

仕事も、芝居も似てます!!
芝居してたら、きっと僕は仕事のデキる人になるんちゃうかなぁ・・・
だから、どうか僕に芝居をやらせてください。



写真はbaghdad cafe'の一瀬さんと、りゃんめんにゅーろん山本君の、とあるワンシーン。
とっても色気のあるシーン(エロい意味でなく!ちょっぴりはあるけど。)になってきました。
役者のやる気が、僕のストーリーを遥か超えた結果を生み出し始めました。

お客さまセンターに勤める男、その彼女、
光ファイバーを売る男の友人、ネットで知り合った怪しい女の子・・・
そんな人々でお送りする、少しだけ特別な数日間。
不可解な「いま」を、脱力感と危機感いっぱいに生きています。
お待ちしています。

劇団りゃんめんにゅーろんVol.29
「終わってないし」
脚本・演出 南出謙吾

■会場
 ギャラリー&カフェ can tutku [ ジャン・ トゥトゥクー]
 地下鉄四ツ橋線花園町4番出口より南へ徒歩3分
 大阪市西成区松1−1−8
 06−6656−4334
■日時(予約方法は文末に記載しています。)
 2012年9月
  7日 (W)20時〜
  8日 (E)14時〜
     (W)16時〜
     (W)18時〜
     (E)20時〜
  9日 (E)12時〜
     (W)14時〜
     (E)16時〜
 ※(W)(E)はキャストです。
 ※ 上記時間は開演時間です。会場は開演の30分前です。
 ※ 各30席限定です。お早めのご予約をお勧めします。
 ※ ご予約の方は開演10分前までに、お越しください。
   10分前を過ぎると、当日の方を先にお通しします。
■キャスト
 (W)山本祐也/一瀬尚代(baghdad cafe')
   田中之尚(10デシリットル)/藤京子(劇団レトルト内閣)
 (E)久家順平(舞夢プロ)/巽 由美子(sputnik.)
   山本祐也/福田恵(劇団レトルト内閣)
■Staff
 音響 三宅由利子(演劇農耕者)/Molly
 照明 坂本涼平(坂本企画)
■あらすじ
 彼女が家を出て行った。
 それからはずっとお客様センターに勤めている。
 1 時間に10 本ほどの電話を毎日8 時間、取っては切っている。

 今はゲームににのめりこんでいる。町を造るのだ。
 現実と違って、この世界は毎日ちょっとずつでもちゃんとに前に進んでいる。
 理想の世界を追い求めて堅実に、堅実に。

 突然女の子に好かれてしまって、すごく嬉しい。
 これは現実のほう。
■予約・情報
 (PC予約)https://ticket.corich.jp/apply/37153/
 (携帯予約)http://ticket.corich.jp/apply/37153/
 (劇団ホームページ)http://www.ryanmen.com/
posted by みなみで at 09:03| 大阪 ☁| Comment(0) | 公演:終ってないし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。