2012年05月24日

想流私塾 その4


想流私塾卒業講演 つづく 終わりました。
御来場の皆様、関係者の皆様、ありがとうございます。

10分の作品の為に何ヶ月もかけた劇作家に応える役者達。
それぞれがそれぞれの意地みたいなもんもあって、刺激的な現場でした。

楽屋のひととき。
DSC_0465.JPG

おそれおおくも、あらいらあさんと。いいんしょうか、こんなんUPして・・・

DSC_0469.JPG

「革命」チーム。戦場でした・・・
301712_311236978952830_100001995908477_728083_2047319860_n.jpg

「正義」チーム こっちは楽しかった〜(どーゆーいみで?)
WDJSm.jpg

バラシて終わりです。でも、それぞれがそれぞれの次につづきます。

DSC_0475.JPG

今回は演出、演出補に、想流私塾の中村師範、高橋師範ともご一緒できて、
勉強させてもらいました。

無駄にしないためにも、しっかり咀嚼して、次に向かいます。
posted by みなみで at 03:23| 大阪 | Comment(0) | 公演:その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月20日

想流私塾卒業公演「つづく」その3


有言実行の僕は、ついにブログその3に漕ぎ付けました。今回の作品は、8人の(既にも、晴れてもいらっしゃいますが)劇作家による、短編集。

10分の作品に、何ヶ月も改稿を重ねただけあって、どの作品も、魂がこもっています。

自分も塾生だったので、
塾の門を叩き、1年間楽しい授業と苦しい改稿つづけ、
卒業課題の脚本の構想を決め、筆を走らせ、またまた改稿を重ね脱稿し、
稽古でテキストと声の違いに戸惑い、理想と現時点の違いに戸惑い、
その差を埋めようともがくなかで、全然違うところに着地している。
でも、それがそれで尊くて素敵だったりして。
ひとりで書いた本を、演出家や役者やが精一杯立体化しようとしてくれて、
音響さんや照明さんも、素敵な味付け色づけを、考え行動してくれて、
制作の方々も、受付の方々も・・・
なんだったら、感動秘話の一つや二つうまれてて、
それに背ひれも尾ひれも清く美しくついちゃったりして、
どんどん、あることないこと想像が膨らみ、感動してしまうのです。

本日千秋楽です。
ぜひご来場ください。

写真は、「正義」チームです。
※マサヨシではありません。

WDJSm.jpg
左から 芝田聖月さん(脚本)、私、猿渡美穂さん、イトウエリさんです。


posted by みなみで at 10:01| 大阪 ☁| Comment(1) | 公演:その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月19日

伊丹想流私塾卒業講演「つづく」 その2

やった、その2です。
場当たり中、待ちの役者でにぎわう楽屋を激写。

今回の公演で、一方的に知ってるだけの役者に沢山出会えて嬉しい。イメージと一緒だったり違ったり。変顔をしてくださった上原さんはイメージどおりの突っ込みキャラ。突っ込まれ好きの自分には貴重な方でございます。
でも、つっこみ下手な僕は、彼の厚意に答える術を持ちません。
申し訳ございません。

ちなみに、僕がボケだという意味ではありません。
僕の生まれ育った故郷には、ボケと突っ込みという文化がありません。

そんな、伊丹想流私塾第16期生公演『つづく』
是非ご来場ください〜
明日明後日、伊丹AIHALLでございます。


DSC_0465.JPG
posted by みなみで at 00:46| 大阪 ☀| Comment(0) | 公演:その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月14日

伊丹想流私塾卒業講演「つづく」 その1

その2があるかわかりませんが、伊丹想流私塾卒業講演「つづく」に出演することとなりましたので、
稽古風景とあわせて、告知を行わせていただきます!
ご来場いただける方は、下記お問い合わせ先(劇場)か、
直接私にご連絡ください。

写真は僕が出演する 交響曲第五番「革命」の仲間達です。
右から、山本彩さん、岬千鶴さん、守谷太樹さん、そして私です。
やったことないくらい熱い暑いドキドキハラハラの芝居やります。
もう、共演者というより、戦場最前線の戦友って感じです。
よろしくお願いします。
301712_311236978952830_100001995908477_728083_2047319860_n.jpg

----------------------------------------------------------------------------

伊丹想流私塾卒業講演「つづく」

5月19日 19:00

5月20日 14:00

※受付開始/開演40分前。開場/開演20分前。

 

監修

北村想

総合演出

林慎一郎(極東退屈道場)

演出

中村賢司(空の驛舎)、高橋恵(虚空旅団)、他

 

伊丹想流私塾第16期生/今田翔大、牛嶋千佳、岡坂隆志、芝田聖月、
巽由美子、橋本匡、松宮信男、森本彩子

 

出演

浅野アンリ、あらいらあ、イトウエリ(手のひらに星)、上原日呂(月曜劇団)、

小笠原聡、阪田愛子、猿渡美穂(キャラ)、南出謙吾(りゃんめんにゅーろん)、

岬千鶴(インテレ-P)、守谷太樹、山本彩、山本正典(コトリ会議) [五十音順]

料金

前売=1,500円
当日=1,800円
【全席自由】

チケット発売日

4月22日(日)

チケット取扱

・アイホール Tel:072–782–2000


お問合せ

・アイホール

 Tel:072-782-2000

 info@aihall.com
 http://www.aihall.com/







posted by みなみで at 02:25| 大阪 ☀| Comment(0) | 公演:その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月08日

4月公演「みそ味の夜空と」

miso.jpg

公演のご案内です。
今回はダブルキャストです。下記★の回に出演します!
小さな小さな会場ですので、売り切れの可能性もあります。
ご予約はお早めに、お願いいたします!
2007年作品の再演です。

--------------------------------------------
演劇ユニット Common days vol.11
「みそ味の夜空と」
※第15回OMS戯曲賞・07年名古屋文化振興賞戯曲部門ノミネート作品
脚本 南出謙吾/演出 Motoki Shinomy
--------------------------------------------
●日時
2012年4月
23(月)15:30★/19:00★/20:30☆
24(火)19:00☆/20:30★
25(水)19:30☆
※上演約55分
※☆芦川諒★南出謙吾が出演します。
※予約制。席数が少なく売り切れの回が出る可能性があります。
 お早めにお願いします。
●場所 シアターカフェNyan(西大橋・心斎橋)
 http://www.c-nyan.com/access/index.html

●出演
芦川諒 南出謙吾(以上ダブルキャスト)
荒井美紀 牛嶋千佳(コトリ会議) 田中幸直(10デシリットル) 前田都貴子(劇団未来)
ダブルキャストの日程はWebをご確認ください。

●料金 1800円 前売(前払) 1500円 日時指定
前払いは4月20日までにご予約・お振込みいただけるお客様対象です。
料金の優遇のほか、オリジナルカンバッジをプレゼント!

●チケット予約http://ticket.corich.jp/apply/34558
上記アドレスにアクセスして、必要事項にご記入いただけば、お席がご予約いただけます。
簡単ですので是非ご利用ください!
折り返し送られてくるメールにお振込先が書いてありますので、ご入金いただけますと前売料金でごらんいただけます!!

misoura.jpg
posted by みなみで at 22:29| 大阪 ☁| Comment(0) | 公演:その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月22日

せのび

「せのび」

いじめられっこのメガネは びっくりするくらい厚かった
なのに 私は視力検査でいつも2.0だった
私の周りには自慢たらしいそよ風が吹いていて
自慢の自転車に跨って、誇らしそうに走った

女の子も 男の子も
みんな情けなくって
みんなこどもみたいで
みんなかわいかった

いつまでも つづけばいいと願ってた

雨がふり 風がふき 秋がきて
みんな 大人になってしまった

自慢の自転車は
うるさいタクシーに追い抜かれていった
自慢の自転車は
嘘を乗っけて動けない
いまはちょっと動けないみたいだ

--おしまい-- from 「みそ味の夜空と」劇中詩


「成長の痛み」が好きです。
好き、というのは、少し違っているけど、だいたいは、合ってる。

親しかった友人との距離
距離ってのは、物理的な距離や、都合や、心。
少しずつ疎遠になる。

みんな成長して、ケッコンしたり子供産んだり、出世したり、
無謀な夢を追いかけなくなったり、現実を知ったり。

いつまでも成長しない僕は、
なんだか、少し取り残された気分になる。

そんな、気分が、好き。
変ですよね。

わかってもらおうと、へたくそなたとえ話をするなら、
桜が散ったり、暑さが和らいだり、駆け足の紅葉、だんだんと解ける雪。
日本の四季は全部儚くて、だから、きれいだし愛おしい。

目の前の今は、今の瞬間そこにあるだけで、すぐに消えていく。
それが成長。
赤子がすぐに子供になるみたいに。

その、儚い今との別れが、ほんのり寂しく、痛い。
そんな、成長の痛みが、大好きなのです。




posted by みなみで at 02:43| 大阪 ☁| Comment(2) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月22日

空の驛舎第14回公演「under-ground」の試演会(ワークインプログレス)観劇(?)

空の驛舎第14回公演「under-ground」の試演会(ワークインプログレス)へ。 

精神科医と患者のやりとり。しばらくすると、別の人物が現れる。精神科医は白衣を次の人物に渡し、自身は患者となる。これを繰り替える。全体的に淡白な台詞まわしが印象的。淡白だからこそ、感情のない数パケットの情報の羅列から、そこにある痛みを必死に想像する。観劇側にものすごいエネルギーを要求する芝居だと感じた。エネルギーをかけて観劇しなければ、いくつかの仕掛けや人物の葛藤がひととき楽しませてくれるだけ。エネルギーをかけて観劇すると、今の自分(特に、劇作家なぞやってるもんだから)に、「お前はどうすんねん!」といった、でかい課題が突きつけられる。なんで、わざわざこんなものをつきつけられるために、観に行くのだろう・・・と、思わないでもないけれど、それが僕にとっての観劇のひとつの醍醐味でもある。 

3.11以後、音楽も演劇も、その創作活動の価値や意味が変容せざるをえないであろう・・・といった、作品についての言葉。僕自身は、3.11前後で、世の中のわからなさ、何かを描くことに対する覚悟は、変わっていない気がする。真面目にやってるつもりが、きわめて不謹慎、不感症の人間なのかと、不安になる。でも、この作品を観て、・・・やはり、少し変わっているのかもしれない。と、すこし自覚させられた。何が、といわれると、モゴモゴするけど。 

ワークインプログレスってのは、初めて知りました。 
先日公演でお世話になったbagdad cage'の泉さんに教えてもらうまでは、知らなかった。面白い試みだと思う。観客の瞬間の生の反応を感じて、終演後の整理された反応を見て、作品はより洗練されると思う。特に、今回の作品は、これを経る事の価値は大きいのかなぁと。勝手ながら僭越ながら思う次第でございます。 

9月の公演が凄く待ち遠しい。 


posted by みなみで at 04:36| 大阪 ☁| Comment(0) | 芝居のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月11日

「鳥と戦闘機」いきごみのようなもの。※すみません8/12は完売です。

img024.jpg

 これは、自分の中と外のそれぞれに漂う矛盾に、ただ真剣に向き合っただけの、飛躍の無い脚本です。全く前衛的でなく美しくもない、流行に無縁な頑固者の停滞の有様です。僕は時代の抗い難い激流に乗って、前のめりになりながらめくるめく景色を楽しむことができないようです。ただその中に立ちすくみ、憤りを感じたり、叶わないであろう夢を想ったり、寂しさや成長の痛みを心地よいと感じたり。しています。 

 いま、何が正しいのかさっぱりわかりません。 

 だから、問題を問題だと叫んでのた打ち回ります。馬鹿にされるような夢を想い続けこてんぱんになります。どんどん変わっていくあの人のきれいな背中を、一方的に見つめ、瞼を開いて口をつぐみます。 

 それはもう、せいいっぱい、そうします。 

 ぜひ、観に来ていただきたく。 
 劇場で、お待ちしております。 
  

 8/12金曜日の回は、売り切れとなっております。 
 が、お盆だけに、土日は比較的空いております。 
 お時間許せば、ぜひ、お越しください。 



■common days vol.10 
 「鳥と戦闘機」 
■会場 トリイホール(難波) 
 大阪市中央区千日前1-7-11上方ビル4F 
■脚本 南出謙吾 
■演出 MotokiShinomy 
■スタッフ 
■照明 檜木順子 
■料金 
 2000円 
■出演者 
 荒井美紀、河北優、泉寛介、杉本レイコ、奥井智大、芦川諒、久家順平、南出謙吾 

■日程 
今回私はダブルキャストで、【 】の回に出演します。 
その他は久家順平が出演です。 
8/12 19:30★売り切れ★ 
8/13 【16:30】【19:30】 
8/14 11:30 【14:30】 18:30 

■ご予約方法 
南出までMailでご連絡いただくか、 
下記WEBより、ご予約ください。 
http://stage.corich.jp/stage_detail.php?stage_id=28089

posted by みなみで at 04:15| 大阪 ☁| Comment(7) | 公演:鳥と戦闘機 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月04日

common daysの「見える化」

common daysは、こんな感じです。 

commondays.jpg
よくわかりませんよね。 
ぜんぜん若くは無いけど、ぴちぴちしてるということです!






posted by みなみで at 02:57| 大阪 ☀| Comment(0) | 公演:鳥と戦闘機 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月03日

なんばグルメのご紹介!

次回公演は、なんばのトリイホール。 
せっかく難波まで足を伸ばしてくださった方の為に(?)、 
おすすめのおいし〜お店をご紹介。 

もちろん、スポンサー料はもらっていませんので、 
えこひいきではありません! 
ところが、そもそも完全主観なので、 
お口に合うかどうかは、わかりません。 

あと、お盆なので、営業してるかどうかは、ご確認くださいね! 


■Italian Bar PIENO (イタリアンバール ピエーノ) 

最近よくあるイタリアンバール。ペンネと、チーズが好き。 
宅配ピザで飼いならされた僕は、ピザがこんなに旨いものだとは知らなかった。 
そしてなんといっても、リーズナブルゥ♪ 
ただし、予約はPM6時〜7時の間しか受け付けてもらえず、 
飛び込みでは並ぶこともしばしば。 

 WEB http://r.gnavi.co.jp/c268300/ 
 TEL 06-6633-0141 
  PIENO.jpg

■シンガポール料理  宏亜楼 

聞きなれないシンガポール料理。中華にかなり近い印象です。 
お勧めは、なんといっても、「海南鶏飯」 
コレだけの為に、行く価値あります。 
飛び込みで過去4戦3勝。比較的入りやすいのでは。 
お値段も控えめ。たぶん飲んで食べて3000円ちょいくらいじゃないかと。 

 WEB http://r.gnavi.co.jp/c645600/ 
 TEL 06-6643-5788 
 koaro.jpg

■宮崎地鶏炭火焼 車 戎橋店 

東国原知事で一世を風靡した、宮崎料理。 
チェーンなんで、大阪にも数店あります。 
おススメは、泣く子も黙る冷や汁、歯ごたえ旨み抜群名物もも炭火焼。 
初めて行ったのは、東京に住む宮崎県民の紹介。 
宮崎県民もおススメのお店なのです。 

宮崎地鶏炭火焼 車 戎橋店 

WEB http://r.gnavi.co.jp/k021902/ 
TEL 06-6644-1241 
hiyashiru.jpg
以上でございます! 
難波はあまり詳しくないのです。 
でも、ちょいちょい行くので、 
おススメの店あったら、是非教えてください! 


-------------- 
というわけで、旨い飯を食う前に、 
ひとつ。演劇はいかがでしょうか。 
芝居を肴に旨い飯を食う。 
最高じゃぁないですか。 

是非お越しください!! 

お盆なので、空いてるのです。 
ゆったりと、ご覧いただけます。 
だから、予約どんどんどしどし受付中でございます! 

見応えのある作品になっています。ほんとに。 

■common days vol.10 
 「鳥と戦闘機」 
■会場 トリイホール(難波) 
 大阪市中央区千日前1-7-11上方ビル4F 
■脚本 南出謙吾 
■演出 MotokiShinomy 
■スタッフ 
■照明 檜木順子 
■料金 
 2000円 
■出演者 
 荒井美紀、河北優、泉寛介、杉本レイコ、奥井智大、芦川諒、久家順平、南出謙吾 

■日程 
今回私はダブルキャストで、【 】の回に出演します。 
その他は久家順平が出演です。 
8/12 19:30 
8/13 【16:30】【19:30】 
8/14 11:30 【14:30】 18:30 

■ご予約方法 
下記WEBより、ご予約ください。 
http://stage.corich.jp/stage_detail.php?stage_id=28089 
posted by みなみで at 03:37| 大阪 ☁| Comment(0) | 公演:鳥と戦闘機 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。