2010年10月26日

がんばれ、夕暮れ君!

今年の春上演した、「ちゃんとした夕暮れ」が、愛知県のAAF戯曲賞という賞の最終選考に残りました。 
公開審査会で受賞作品を決めるということで、11月9日に名古屋まで、我が子の試合を見てきます。 
嬉しいけど、ここまでの壁とここからの壁の厚みが、これまた全然違う。 
候補作品をこうして眺めてみると、みんな、タイトルえぇなぁって思う。(僕は??) 

劇場での手ごたえは、泡と消えたり、或いは、自分の中で勝手に美化されたりで、 
「己を信じる」といった、危うげでも芯がなけりゃ、闇の中でもがくだけの劇作の日々。 
こういった機会はやっぱり、なんだかんだいっても、ひとつの、質量のある手ごたえとなります。 

「ちゃんとした夕暮れ」君は、もう手元にないので、後は、果報は寝て待て、です。 

それはそうと、いい加減、 
本を待つ仲間に絶縁されないよう、精進して執筆します! 
次回作品半分位できています。(頭の中でなく、紙面で!) 

-------------------------------------------------------------------------------- 

日 時:2010年11月9日(火) 18:30〜(開場は18:00より) 
会 場:愛知県芸術劇場小ホール (名古屋市東区東桜1−13−2 愛知芸術文化センター 地下1階)
入場料:無 料 
審査員(50音順・敬称略) 
 鐘下 辰男(劇作家、演出家、演劇企画集団THE・ガジラ代表) 
 木村 繁(劇作家、演出家、人形劇団むすび座) 
 鈴江 俊郎(劇作家、演出家、office 白ヒ沼代表) 
 深津 篤史(劇作家、演出家、桃園会主宰) 
 (司会)安住 恭子(演劇制作・演劇研究評論) 


受賞候補作品(6作品)
 鹿目由紀(カノメ ユキ) 作 「占いホテル」
 鈴木アツト(スズキ アツト)作 「匂衣(におい) 
  〜The blind and the dog〜」
 肥田知浩(ヒダ トモヒロ)作 「炬燵電車」 
 平塚直隆(ヒラツカ ナオタカ) 作 「ねじの弛み」
 南出謙吾(ミナミデ ケンゴ) 作 「ちゃんとした夕暮れ」   
 室屋和美(ムロヤ カズミ) 作 「どこか行く舟」 

http://www.aac.pref.aichi.jp/sinkou/event/aaf_10th/index.html 

-------------------------------------------------------------------------------- 
posted by みなみで at 14:54| 大阪 ☁| Comment(1) | 芝居のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月24日

かすかに、UFOがYOUTUBEにアップされました

今年の8月の公演「かすかに、UFO」がYoutubeにUPされました!
記録映像に乏しいりゃんめんとしては、とっても貴重で嬉しいことです。


いつでも、好きなときに、観ることができる
便利なものです。

タケモトさん、ありがとう!







posted by みなみで at 00:25| 大阪 ☁| Comment(0) | 芝居のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月21日

酢豚

こんにちは。
毎度おなじみのグルメレポーターみなみでけです。

今日ご紹介するのは天満(といってもOAP近く)にある中華料理店、「豪火」。

お勧めは酢豚。

ブログ写真酢豚.jpg ブログ写真ごうか.jpg ブログ写真紹興酒.jpg

普通の酢豚とはちょっと違って、拳骨位の肉の塊(なんか生々しいな)だけの、シンプルな酢豚。

すっっっごい、旨い。
カラリと揚がった香ばしい衣の中には肉汁たっぷりなジューシーなうまうま豚肉が、驚かせてやらんとばかりに潜んでいて……とてもおいしいです。

酢豚ソースも、味わったことががないような斬新なソース味のくせに、酢豚ソースといえば!と期待する基本的な旨さに隙がなく、忘れられないソースの味で……とてもおいしいです。 

他にエビチリも炒飯もうまかった。

ぜひご賞味あれ〜

http://m.tabelog.com/osaka/A2701/A270103/27009603/?_tabelog_session_id=cb43142f0a72975f00de99a64dfaafe0
posted by みなみで at 22:06| 大阪 ☁| Comment(0) | すみません、カテゴリは無茶苦茶です | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月04日

阪急沿線界隈

りゃんめんにゅーろん公演「かすかに、UFO」無事幕を閉じました。皆様ありがとうございました。


小さな公演でも、やっぱりエネルギーを使い果たし、多少腑抜けのこの頃です。


体力に気力、時間に金、仕事に遊び、あらゆるものを犠牲にして消費して、やるのです。やるからにはその覚悟は必要。あとは程度の問題。


芝居をする目的や動機が、それぞれ、同じなわけがなく、それなのに集まるもんだから、それ故の悩みも摩擦も驚きも感激も感謝もたくさんあります。


そしてやはり、芝居のお陰で、学べることもあるし、尊いものを見つけることもできます。 

ちゃんと燃え尽きました。反省も山ほどあって、燃え尽きた後に、気持のよい細かな灰ばかりが残ったわけではない。でも、いや〜な燃えかすも、なくはなく、それも含め、大切にしていこうと思います。それが、全ての関わった人々や自分自身に対する、正しい立ち向かいかたかと。


今日は所要で阪急千里山へ。

今回は阪急の庄内での稽古が多く、阪急沿線界隈に、妙な郷土愛に似た感覚を覚えるようになりました。
当たり前の様に駅前には店が立ち並び、少し離れると住宅地。静かで落ち着いた人々の生活が、息づいています。

こんなほっとした瞬間が好きなのです。

1568302856_140.jpg1568302856_100.jpg
posted by みなみで at 23:32| 大阪 ☀| Comment(0) | 公演:かすかに、UFO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月03日

夜道

少しだけ秋ですね。 

この夏の思い出といえば、やっぱり「かすかに、UFO」に尽きます。 
思い出だけでなく、自分や関わった方々にとって、実りあるものが積み上がるものでありますように。 

この季節の変わり目の、曖昧で自信なさげな季節感が、結構好き。 
でも、時間は容赦ない早さで過ぎる。 
多分次の次の給料日が来る頃には、目一杯明確な秋で、冬の足音なんかも、ざっくざっく聞こえるんだろう。 

貴重な貴重な秋。 
歯と体と1日を大切に。 

読書の秋に、いい本がかけますように。 


ふたつばかり祈る夜道でございます。
posted by みなみで at 22:01| 大阪 ☁| Comment(0) | 公演:かすかに、UFO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月28日

つきぎめ??

かすかに、UFOを上演した、玉出ヌーボースタシオンと同じビルにある、保育園。ほいくえんですよ
・・・駐車場??

ブログ写真つきぎめ.jpg


posted by みなみで at 21:59| 大阪 ☁| Comment(0) | すみません、カテゴリは無茶苦茶です | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月19日

「タケモトコウジ」さん

いよいよ今週末に迫った、劇団りゃんめんにゅーろん公演「かすかに、UFO」出演者紹介のラストは、「タケモトコウジ」さんです。 

1563576123_51.jpg1563576123_248.jpg

りゃんめんとは凄くお付き合いの深い「劇団Bee-Ple」さんの所属俳優なのですが、タケモトさんは、もうひとつ裏の顔をもっていて、なんと、ラジオのDJもやっているのです
(いやいや、どう考えても演劇が裏でラジオが表ですね…)。
去年までは、あのFM802のDJもやってたんですから、
これはもう、完全な芸能人です!
かなりのベテランで音楽の引き出しは計り知れないです。 


今回は多忙なスケジュールの合間を縫って、りゃんめんに初出演!ありがとうございます。 


仕事柄なのか、とにかく、しゃべる!ボケるは突っ込むはノリ突っ込むは語るは… 
多少口下手な所がある僕からすると、羨ましい限りです。 


今回は残念ながら、DJとしてのタケモトコウジさんはご覧になれませんが、
タケモトさんの裏家業である役者としてのタケモトコウジさんは存分に満喫できます。 


軟派でかる〜い存在の中にふと垣間見える、心の弱さと優しさ。
それが、役者タケモトコウジさんの魅力です。きゅんってなります。 


僕が大阪に出てきて、生まれて初めて観た小劇場演劇が、実は、タケモトコウジさん所属する「劇団Bee-Ple」なのです。 


あんなことやこんなことがあって、うん 
思えば長い年月が経ちました。 
過ぎ去った尊い時間に相応しい芝居したい。 
本番は今週末に迫っています。 
がんばります!! 

劇場でお待ちしております。 

劇団りゃんめんにゅーろんプロデュース公演Vol.27 
かすかに、UFO 

◇脚本・演出 
南出謙吾 

◇出演者 
山本祐也 
宮田泰羽 
あがたゆうべ(ONEWAYTRIP)、 
タケモトコウジ(劇団Bee-Ple)、 
もりのくるみ 

◇日時 
2010年8月21日(土)15時〜※予約席あとわずか。 
2010年8月21日(土)19時〜※予約席満席ですが、当日席はあります。直接お越しください。 
2010年8月22日(日)13時〜 
2010年8月22日(日)16時〜※ゆとりあり(汗) 

◇料金 
1800円(当日のみ) 
※ご予約良席確保(20席ほど) ご予約についてはページの一番下をごらんください。 

◇スタッフ 
照明 中村藍子 
音響 Molly 

◇会場  
ヌーボースタシオン 

■ご予約は、ミクシィメッセージか、下記まで。 
Corich舞台芸術 http://stage.corich.jp/stage_detail.php?stage_id=21704 
りゃんめんWEB http://www.ryanmen.com/
posted by みなみで at 01:01| 大阪 ☀| Comment(0) | 公演:かすかに、UFO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月15日

宮田泰羽

出演者紹介第四段は、おまたせしました!りゃんめんにゅーろんの紅一点、関西演劇界屈指のブログの女王、「宮田泰羽」です。

1559430040_32.jpg


最近でこそ、少し話をするようになりましたが、人見知りなのか、普段はどちらかというと無口なのに、ブログになると、飛びます。前置きも伏線もなしに予測不能の所からジャンプ力抜群の言葉を吐き、ハラハラドキドキのジェットコースターブログです。

是非ともご覧ください!


あ、役者紹介ですね。
はい。


彼女は凄いがんばり屋です。こうかくと、あをまり伝わらないですが、「凄い」の凄さが凄いのです。その「凄い」もまた凄くて… 


人というのは、所詮人で、どんなに才能あっても、ライオンみたいに強くはないし、コンピューターみたいには賢くなくて、狭い狭い範囲の中に天才もそうでない人も全てが収まってて、だからこそ努力の価値があるんだと、教えられます。 

けっして器用でないし、稽古始めはいつも心配させるくせに、本番が近づくと、稽古期間必死に積み上げてきた結晶を、出してきてくれます。 これは、感動的なんです。


レーシングカーみたいな高速で頑張るもんですから、ずっこけたときに、大怪我しないか心配なんで、安全には充分に気をつけて、精一杯宮田号を操縦してくださいね。 

ざちょうより 


かすかに、UFO
チケット好評発売中です。

脚本・演出
南出謙吾

出演者
山本祐也
宮田泰羽
あがたゆうべ(ONEWAYTRIP)、
タケモトコウジ(劇団Bee-Ple)、
もりのくるみ、


日時
2010年8月21日(土)15時〜
2010年8月21日(土)19時〜
2010年8月22日(日)13時〜
2010年8月22日(日)16時〜

料金
1800円(当日のみ)
※ご予約良席確保(20席ほど) ご予約についてはページの一番下をごらんください。

スタッフ
照明 中村藍子
音響 Molly

 

会場 ヌーボースタシオン

body{background:#;color:#;} /*ページ全体*/td{background:#; color:#;} /*タイムテーブル*/th{background:#;color:#;} /*項目名*/td.time {background:#;color:#;} /*時間帯*/p span,#pageTimeTable td a,#pageTimeTable td a:visited{color:#;} /*リンク色*/.timeTable,th,td{border:1px solid #;white-space:nowrap;word-break:keep-all;} /*罫線*/
8/21
8/22
13:00  
15:00  
16:00  
19:00  

:クリックすると予約ページが開きます
×:CoRichでの取扱終了

posted by みなみで at 01:56| 大阪 ☁| Comment(0) | 公演:かすかに、UFO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月08日

山本祐也

出演者紹介第三弾は、りゃんめんにゅーろんの劇団メンバーの登場です。 

山本祐也 です。 

野球とバンドに明け暮れて30年の彼が、何かの間違いで、 
りゃんめんゆーろんの扉を叩いたのが、2008年。 

デビュー戦「青空の窪みに、指を」で大阪春の演劇祭りの新人賞を受賞するなど、 
なかなかに快調な滑り出しで、演劇界に新風を巻き起こしてくれています。 

落ち着ききった呼吸、さりげな〜く、あざと〜く排出されるフェロモン。 
清潔感のある男らしさは、きっと、貴女を甘く綺麗な夢の世界に、 
連れて行ってくれることでしょう。 
でも、夢から覚めたときのために、朝の冷たい水をお忘れなく。 


ちなみに、11月には老舗劇団の劇団息吹さんに客演が決まってます。 
 →斉藤憐脚本「春、忍び難きを」@ワッハホール 
自然体の力の抜けた演技は得意な彼ですが、こちらは超重厚な作品。 
どんなふうになるか、今から楽しみです。
yuya.jpg
posted by みなみで at 04:14| 大阪 ☁| Comment(0) | 公演:かすかに、UFO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月05日

no-title

100728_1304~01.jpg会社近くの公園にて。このセミ、妥協しすぎじゃないか?

それとも賢く臨機応変なのか。

よし、こいつを、教師と反面教師にして、次の公演に活かそう!

次回りゃんめんにゅーろん公演はセミに教えられた部分が、少しだけ含まれることになりました。

おたのしみにっ!?
posted by みなみで at 08:31| 大阪 ☀| Comment(0) | 公演:かすかに、UFO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。